天気予報

28

19

みん経トピックス

浜松でアートバザール開催浜松にホラーレストラン

浜松で昆虫食イベント 初心者にも配慮、「おいしいセミ料理」目指す

浜松で昆虫食イベント 初心者にも配慮、「おいしいセミ料理」目指す

昨年のイベント風景

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・入野の「のヴぁ公民館」(浜松市西区入野町)で8月8日、昆虫を捕まえて調理し食べるイベント「セミをとって食べる」が開催される。

 参加者全員でセミの採取・調理・実食を行う同イベント。昨年8月に第1回を開催し、好評だったことから、今回新たな試みを加えた形でイベント開催を決めた。

 当日は、昆虫食に不安のある人たちに配慮し、ゆでてから天ぷらやから揚げに調理する。第1回は約20人が参加し、約60匹のセミを調理して実食。「カリカリに揚がったセミは思ったよりもおいしく食べることができた。今年も娘と参加したい」と前回参加者の岩堀翔太さん。

 「おいしく調理する昆虫食」というテーマを新たに加える。今までは、昆虫を直接素揚げしたり、焼いて食べるのみだった。今回はタレに漬け込んだセミを空揚げにし、タルタルソースで食べる「セミ南蛮」など、きちんと調理して提供する予定。昆虫の姿そのものではなく、料理として提供することで昆虫食初心者にも参加しやすくすることが狙いだという。

 「自分で捕ったセミを自分で調理して食べるということがとても楽しい」と夏目さん。「セミ食は浜松の夏の風物詩と呼ばれるように頑張りたい」とも。

 開催時間は、午前の部=10時30分~14時、午後の部=17時~21時。午後の部は田町の黒板とキッチンで行う。持ち物は、虫取り網・虫かご・昼ごはん(終日参加の場合)。参加費は、大人=500円、中学生以下無料。参加申し込み、問い合わせは夏目さん(TEL 090-9900-0928)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング