天気予報

30

24

みん経トピックス

浜松のカレー店が7周年浜松に椅子・ソファ専門店

浜松・上新屋に老舗中華そば店「浪花」移転 中心市街地から新たな客層開拓狙い

浜松・上新屋に老舗中華そば店「浪花」移転 中心市街地から新たな客層開拓狙い

紅色の看板に、白いのれんが映える店舗外観

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・上新屋町に1月21日、「中華そば 浪花」(浜松市東区上新屋、TEL 053-443-7854)が移転オープンした。

表面にラードの膜が張られ、冷めにくい「中華そば・しょうゆ」

 当時、花街として栄えた市内千歳町で1928(昭和3)年に「サロン浪花」として開業した同店。戦時中の混乱があり閉鎖したが、1948(昭和23)年に中華そばも味わえる食堂へと形態を変えて再オープン。68年間という長きにわたり中華そば店としてのれんを守り、変わらない味を作り続けてきたが、この度新たな挑戦として郊外へ移転進出した。

 席数は、カウンター7席、テーブル12席の計19席。外観には昔ながらの紅色の看板を掲出。店内はカウンターが空間に彩りを添える。移転を聞きつけた常連客をはじめ、駐車場完備で立ち寄りやすくなったと、今までお酒を飲んだ後に訪れていた客がランチで立ち寄るなど、シーンの幅が広がっているという。

 3代目店主の松永有市(ゆういち)さんは、祖母・母から同店を引き継ぐ。豚骨と鶏ガラでだしを取り、かえしは同店専用にオーダーしたしょうゆと塩を使う。中細のちぢれ麺がスープによく絡み、トッピングのチャーシューは創業当時から継ぎ足す秘伝のたれで作る。

 メニューは「中華そば(しょうゆ・塩)」(750円)、「中華そば(小)」(500円)、「ワンタン」(750円)、「穂先メンマ麺」(800円)、「ワンタン麺」(850円)、「つけ麺」(850円)、「チャーシュー麺」(1,000円)。「味付け卵」のトッピングや麺・ネギ・メンマの大盛りはプラス100円でオーダーできる。老舗の性質上、懐かしい味を県外やお土産として持ち帰りたいという要望から「おみやげ中華そば(二人前)」(1,800円)を店頭で受け付けるほか、ホームページ上でもネット販売している。生麺と手作りチャーシュー、ネギとメンマがセットとなり、同店の味を自宅で味わえるように提供している。

 「店の場所は変わったが、68年間守り抜いてきた味は変わらず提供し続けていくことが使命」と松永さん。新進気鋭のラーメン店が軒を連ねる中、あえて変わらないことにこだわっていきたいという。市内街中に立地していた当時は夜の利用客が多かったが、郊外への挑戦は客層の違いに試行錯誤。「常連を大切に、新しい客層との出会いも楽しみ」とも。

 営業時間は、11時~14時、17時~21時。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

天浜線でスタンプラリー 先着順でオリジナルグッズも。写真=フリーきっぷ購入でもらえるスタンプ台紙・ネックストラップ・グルメガイド
[拡大写真]

アクセスランキング