天気予報

12

4

みん経トピックス

浜松で東名スマートIC開通浜松にフルーツレストラン

浜松・かんざんじロープウェイに「直虎号」と「家康号」 ゴンドラにラッピング

浜松・かんざんじロープウェイに「直虎号」と「家康号」 ゴンドラにラッピング

ラッピングゴンドラ「直虎号」

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・舘山寺の「かんざんじロープウェイ」(浜松市西区舘山寺、TEL 053-487-2121)で2月20日、ラッピングゴンドラ「直虎号」と「家康号」の運行が始まった。

ゴンドラの底面に出世法師直虎ちゃんのデザイン

 2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送開始に合わせて、同大河ドラマの舞台の地を360度ぐるりと一望できる大草山展望台をPRするため、ロープウエーのゴンドラをラッピング。デザインラッピングは今回が初の試みとなる。

 展望台からは、北に井伊家ゆかりの「井伊谷」(いいのや)、東に徳川家康が居城し「出世城」とも呼ばれる「浜松城」、南に遠江へ侵攻した家康と戦った大沢氏が居城した「堀江城跡」、西に湖西連峰などの景観を浜名湖とともに見渡せる。

 デザインは浜松市のマスコットキャラクター「出世法師直虎ちゃん」と「出世大名家康くん」のイラストの2種。西側の1号器は赤色を基調とし出世法師直虎ちゃんをラッピング。東側の2号器は緑色を基調とし出世大名家康くんをラッピングしている。それぞれのゴンドラに乗車でき、空中散歩中にすれ違いで、もう片方のラッピングも間近で楽しめる。

 運行開始日からスタッフが直虎バージョンとして着物風の制服を着て乗客を迎えていることから、制服にも注目が集まっているという。浜名湖パルパル企画担当の増田紘子さんは「直虎に興味のある人、浜名湖の景色を堪能したい人を含め多くの人に乗っていただきたい。大河ドラマでますます浜松が盛り上がってほしい」と話す。

 運行時間は9時~17時30分(季節により異なる)。料金は往復・中学生以上820円、小学生以下410円。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

浜松・田町に屋台風居酒屋 30センチの串に刺さった大ぶりの肉を炭火焼きで。写真=ほのかな甘みが特徴の「自慢の阿波彩どりからあげ」
[拡大写真]

アクセスランキング