浜松で企画展「消防設備と火消しの今・むかし」-防災の歩みを展示

昔使われていたものから現在までの消化器などを展示している会場

昔使われていたものから現在までの消化器などを展示している会場

  •  
  •  

 浜松・田町の「静銀ギャラリー四季」(浜松市中区田)で9月1日の「防災の日」、企画展「消防設備と火消しの今・むかし」が始まった。主催は、防災・防犯設備の製造・販売を手がけるの「セルコ」(東区将監町)。

 会場には、江戸時代に実際使われていた火消しの道具、法被(はっぴ)、数十年前に使用された消火器から現在のスプレー缶型までの小型化消火器、消防用機器の産業史資料などを展示し、防災器具の歴史をたどることができる。併せて、消防規制の歴史、浜松地域の消防史、消防団などのまとい、訓練風景などの写真、一般公募で集めた防災活動などに関する写真も展示する。

[広告]

 営業企画部の鈴木永雄さんは「昔の珍しい消化器具や浜松の防災活動の歴史を見て、少しでも多くの人が防災・防犯により関心を持ってほしい」と話す。消防団員が減少傾向にあるので、認知活動に貢献していければ」とも。

 開催時間は10時~17時。入場無料。今月7日まで。

  • はてなブックマークに追加