見る・遊ぶ

浜松・舞阪町にライブハウス 九州男子が音楽で浜松を盛り上げる

黒と赤を基調とした店内

黒と赤を基調とした店内

  •  
  •  

 ライブハウス「LIVE&DISCO マルガリータ」(浜松市西区舞阪町、TEL 070-2222-2020)が10月5日、浜松・舞阪町にオープンした。

音響や照明にこだわったステージ

 小学生でギターを始め、中学生から大学生までバンドを組み、現在もギターを弾いている九州出身の店長、松岡徹治(てつはる)さん。ライブハウスを経営する知人から「移転するので場所を引き継いで店をやらないか」と声が掛かった。以前から、「浜松は世界的な楽器メーカーが集まっている音楽の街だが、楽器演奏者は多い割りにバンドの成功例が少ない」と感じていたといい、好きな音楽で浜松を盛り上げたいという気持ちから、ライブハウスをオープンすることを決意。開店に賛同した音楽好きの友人と共に、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 目指したのは、バンドマンが参加しやすいライブハウス。「音響が悪いと、ドラムやベースの音が聞こえず、演奏が乱れることもある」ため、音響設備をほぼ全面的に入れ替えた。照明も入れ替え、ムービングライトを取り入れることで曲のシーンに合わせた演出ができるようになっている。バンドマンにとって負担の大きいチケットノルマをなくし、演者用の控室を広めに確保するなど、環境面にも配慮する。

 店舗面積は約50坪。座席は60席ほどで、最大収容人数は200人。フォークソング、ハードロック、ブルース、ジャズなど、さまざまなジャンルから毎回3バンドのステージを予定。ライブハウス初心者の客も気軽に立ち寄れるよう、生ビールやハイボール(以上300円)などほとんどの飲み物を安価で提供。軽食だけでなく、「肉玉」(600円)や「いか玉」(800円)など、その場で鉄板を使って焼く本格的なのお好み焼きも用意する。

 市内の繁華街から離れているが、電車の駅が近い、無料駐車場がある、有料駐車場も安価など利点も多い同店。来年には中高生を対象とした無料のバンド教室など、日中のイベントも開催していく予定だという。

 「ここは演者も客も楽しめる空間。お酒が飲めて食事もできるので、ライブハウスが初めての方にも、気軽に遊びに来てほしい」と松岡さんは話す。

 営業時間は19時~24時。月曜・火曜定休。入場料は1,500円(ワンドリンク付き)。

  • はてなブックマークに追加