3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

浜松・寺島町にゲームカフェ 70種類のボードゲームそろえ

自分の家にいるような雰囲気の店内

自分の家にいるような雰囲気の店内

  • 38

  •  

 ゲームカフェ店「RE:PLAY(りぷれい)」(中区寺島町、TEL 053-457-0101)が3月21日、オープンした。

店内に用意されたボードゲーム

 2月末まで麻雀店だった同店。学生や女性も気軽に立ち寄れる店にすることを考える中、近年人気が高まっているボードゲームに注目。東京などの都市部を中心に、すでにゲームカフェが増えていることから、同店もゲームカフェとして生まれ変わることを決定。内外装を整え、ゲームや備品をそろえてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約20坪。カウンター6席とテーブル10席、ソファ席6席の計22席。ほかにも、座ったり寝転んだりできるスペースがある。店内は土足禁止。カーペットが敷いてあり、食卓が置いてあるなど自分の家にいるような雰囲気を演出。外装は、レトロなテレビゲームをほうふつさせるドット柄をとりいれ、目立つよう、派手な色合いに仕上げた。

 70種類ほどのボードゲームをそろえる同店。所説あるものの、世界三大ボードゲームといわれることもある「カタン」や、カードを使ってデッキを作り、勝利点を競うアメリカ生まれの「ドミニオン」など、人気のあるゲームを中心に用意する。新たなゲームも追加し、こんなゲームが欲しいというリクエストがあれば、それを購入することや、ゲームが好きな人が、持ち込んだものを置いていくこともあるという。カードゲーム用に「遊戯王」や「ポケットモンスター」のカードも用意しているが、基本的には、各自が自分のデッキを持ち込んでいる。ゲームソフトを持ち込みする必要があるが、市内では珍しく、テレビゲーム用にモニターの貸し出しも行っている。

 店内の利用には「フリードリンク」(400円)と、「チャージ料」(1時間あたり一般=700円、学生・女性=500円)が必要となる。フリードリンクは、コーラ、カルピス、メロンソーダ、コーヒー、ウーロン茶などの飲み放題を用意。ドリンクだけでなく、店内にあるカップラーメンやカップうどんなども食べ放題となる。うまい棒やキャベツ太郎などの「駄菓子食べ放題」(500円)も用意。ほかにも、長時間滞在する人のために「5時間」(3,500円)、「8時間」(5,000円)の2種類のパック料金も用意。今後はフリー料金も取り入れていく予定だという。

 「知らない人同士がゲームを通じて仲良くなってくれればうれしい」と店長の加田光青さん。「ここに来れば誰かがいるという理由で、空いた時間に気軽に来てもらえる場所でありたい」とも。

 営業時間は13時~24時(金曜=翌5時まで、土曜=10時~翌5時、日曜=24時まで)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home