見る・遊ぶ

浜松城がピンク色にライトアップ ピンクリボンキャンペーンで

乳がん予防のシンボルカラー、ピンクにライトアップされた浜松城

乳がん予防のシンボルカラー、ピンクにライトアップされた浜松城

  • 343

  •  

 浜松城天守閣が現在、ピンク色に投影されている。主催はNPO法人いかまい検診浜松(浜松市中区葵西、TEL 090-1862-1510)。

 10月が国際的な乳がん月間であることから、「第8回がん検診いかまい浜松2020ピンクリボンキャンペーン」を開催する同法人。乳がん検診の受診率向上のため、広く市民にアピールする取り組みとして、浜松市協力の下、市役所8階から市の象徴である浜松城にピンクのライトを投影。多くの人に見てもらえる位置にある浜松城が通常とは違う色でライトアップされているのを見て、何の色だろうと関心を持ってもらい、乳がん予防のシンボルであるピンク色だと認知してもらいたいという思いが込められている。こうした取り組みが、家庭で話すきっかけとなり、乳がんに関心を持ち、正しい知識を身に着け、その結果検診の受診率が上がることを期待する。

[広告]

 「がん検診は早期発見、早期治療のために欠かせないもの。乳がん以外も含めて、定期的に検診行ってもらえれば」と浜松市健康増進課課長の小山東男(はるお)さん。「20歳を過ぎたら乳房を意識し、変化に気づいたらすぐに病院に行ってほしい。40歳を過ぎたらマンモグラフィー検査を受けてほしい」と同法人代表理事の吉田雅行さん。「自分と大事な家族のために、正しい知識を知り、自身の乳房に関心を持つ『ブレストアウェアネス』を身に着けてほしい。乳がん検診を受けることで亡くなる人が減ることを願っている」とも。

 ライトアップ期間は10月2日~4日。点灯時間は18時から22時。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加