見る・遊ぶ

浜松で0歳から入れる親子コンサート開催 子育てを頑張る両親にむけて

子どもも楽しめるよう工夫されたコンサート

子どもも楽しめるよう工夫されたコンサート

  • 24

  •  

 浜松市浜北文化センター(浜松市浜北区貴布祢)で、NPO法人静岡交響楽団によるコンサート「0歳から入れる親子クラシックコンサートin浜松」が2月28日、開催された。主催は、公益財団法人静岡県文化財団。

 静岡市を拠点に、定期演奏会や音楽鑑賞会などを開催し、静岡を代表する常設オーケストラの同楽団。同コンサートは、「日頃、子育てに追われ忙しい日々を過ごす両親に、クラシック音楽で癒やしの場を提供したい」との思いから、2017(平成29)年に初開催。以降好評を受け、県内で定期的に行われてきたが、浜松市での開催は今回が初。将来を担う子どもたちに本物の芸術に触れる機会を用意するという静岡県の「令和2年度子どもが文化と出会う機会創出事業」のひとつでもあり、クラシック音楽の普及につなげる。

[広告]

 誰でも気軽にクラシック音楽を楽しめるよう配慮し、入場無料。募集後応募は好評で、事前申し込み時点で、定員の1200人に達した。本格的なオーケストラ演奏と合わせて、小さな子どもでも楽しめるよう随所に工夫。子どもが不意に泣き出した時も、周囲の目を気にすることがないように、演奏中の出入りは自由とした。曲目は「犬のおまわりさん」や「森のくまさん」などの童謡を取り入れ、演奏時間は、子どもが飽きないよう、通常より短い1時間に設定。指揮者の和田一樹さんと、「歌のお姉さん」を務めたソプラノ歌手の和田美菜子さんは、動物のぬいぐるみを被って登場。観客とのやりとりや手遊びを通じて、ユーモラスに演出した。来場者は、親子で一緒に手拍子や体を動かしながら、それぞれにコンサートを楽しんだ。

 新型コロナウイルス対策として、入場時には、全員に手指消毒と検温を徹底。来場者へマスクの常時着用、咳エチケット、出演者へのプレゼントや面会を控えるようお願いした。万が一、同公演で感染者が発生した場合は、保健所など公的機関への個人情報の提供を呼びかけた。

 子どもと一緒に夫婦で来場した大澤さん(西区)は「子どもが小さいため、普段コンサートへ行くのは難しいが、この企画のおかげで気軽に参加できた。実際に赤ちゃんが多く来場していて、周囲の目を気にせず楽しめた」と話す。「コロナ禍において、しかも浜松市で初の開催だったため心配していたが、これだけの反響がありうれしい」と同楽団事務局長の前田衞さん。「今後も、子育てで忙しいお父さんお母さんのために開催するので、ぜひ足を運んでほしい」とも。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース