見る・遊ぶ

イオンモール志都呂のアミューズメント施設がリニューアル フィジカルアクティビティやeスポーツコーナーなど新設

「プラサカプコン志都呂店」店長の井上辰也さん

「プラサカプコン志都呂店」店長の井上辰也さん

  • 2

  •  

 イオンモール志都呂内のアミューズメント施設「プラサカプコン志都呂店」(浜松市西区志都呂、TEL 053-415-1340)が11月25日、リニューアルオープンした。

フィジカルアクティビティ「Crazy BANeT(クレイジーバネット)」

[広告]

 大手ゲームソフトメーカー「カプコン」が運営する同店は、2004(平成16)年にオープン。この度、幅広い世代が来店する同所で、同社の魅力を伝えると共に、記憶に残るような体験を提供したいとリニューアルした。クレーンゲームやプリントシール機などをそろえる「アミューズメントゾーン」の一部を改装し、フィジカルアクティビティとeスポーツコーナー、同社オリジナルVR施設を新設した。

 フィジカルアクティビティ「Crazy BANeT(クレイジーバネット)」は、大人から子供まで楽しめる体を使った体験を用意。大小合わせて13面を設置する「トランポリンキューブ」と、ジャンプしたり、しゃがんだりしながら「回転棒」を避けるアクティビティ「ジャンプ&ダウン」、制限時間内に棒を使って土台から相手を落とす対戦型アクティビティ「クレイジーゆらゆら相撲」をそろえる。

 ハイスペックなパソコン環境を備えたeスポーツコーナー「CAPCOM e-Sports club(カプコンイースポーツクラブ)」は、中部地区初進出。格闘ゲームの金字塔という「ストリートファイターV」や、キャラクターと同じ視点で操作するシューティングゲーム「FPS」などのソフトも用意。今後は大会イベントの開催も予定。オープンキャンペーンで、12月25日まで無料体験できる。

 同社オリジナルのVR施設「VR-X」では、ヘッドセットを装着して、ゲームをしながらVR体験する。所要時間は30~40分。同社の人気ゲームソフトシリーズを取り上げた「BIOHAZARD VALIANT RAID(バイオハザード バリアントレイド)」、「逆転裁判 VR20号事件」、「ロックマンVR 狙われたバーチャルワールド!!」の3種類を用意する。

 店長の井上辰也さんは「子どもから大人まで楽しめるように、大きく生まれ変わった。誰でも楽しめるコンテンツが見つかると思うので、気軽に来店してもらえたら」と話す。

 営業時間は10時~21時。入場料は、「Crazy BANeT」(30分当たり、大人=700円、小学生=500円)。「CAPCOM e-Sports club」(1時間当たり、大人=500円、小中大学生=400円)。「BIOHAZARD VALIANT RAID」(1,200円)、「逆転裁判 VR20号事件」「ロックマンVR 狙われたバーチャルワールド!!」(以上1,000円)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース