2011年「一番晴れた街」は浜松-3年ぶり1位に

過去5年間の日照時間ベスト5

過去5年間の日照時間ベスト5

  •  

 気象庁は1月4日、「2011年の日本の天候」で年間の累計日照時間が最も長い地域が浜松であると発表した。

 発表によると、昨年の浜松の日照時間は2386.2時間。2番目は静岡(2361.7時間)、3番目は御前崎(2339.7時間)、4番目以降は伊良湖、甲府の順となり、上位3つがいずれも静岡県の地域が独占した。

[広告]

 過去の日照時間では2010年の1位が御前崎、2位が浜松。2009年は南大東島が1位で2位が浜松。2009年は浜松が1位だったことから3年ぶりの1位となる。

 浜松市広聴広報課シティプロモーショングループの鈴木久仁厚さんは「日照時間の長さは浜松の暮らしやすさを表す要因の一つ。全国一だったことにより、対外的なアピールに説得力が増すのでは」と期待を寄せる。