見る・遊ぶ

浜松「フルーツパーク」がリニューアル-年間通じイルミネーションも

園内のイルミネーション

園内のイルミネーション

  • 0

  •  

 浜松・都田の「はままつフルーツパーク時之栖」(浜松市北区都田、TEL 053-428-5211)が4月1日、リニューアルオープンした。

園内の「フルーツ工房」で販売される色とりどりのフルーツゼリー

 「浜松市フルーツパーク」として1996年に浜松市が開園したが、本年度より静岡県内でレジャー施設を運営する時之栖(御殿場市)が指定管理者となった同園。昨年末より西側の大幅リニューアルを進めてきた。

[広告]

 園内のワイナリーは地元産のブドウを使ったワインを製造・販売する。ほかに同社が販売する地ビール「御殿場高原ビール」を扱うフードコートやフルーツを使ったスイーツを販売する「フルーツ工房」を新設した。

 夜間は年間を通してイルミネーションを実施する。アクティビティではセグウェイを体験試乗できる(1回1,000円、16歳以上が対象)。同所の芦沢拓麻さんは「セグウェイの試乗がこの金額でできる所はなかなかないのでは」と話す。「フルーツの魅力を存分に生かしたテーマパークにしている。ご家族やカップルで楽しんでいただければ」とも。

 営業時間は9時~21時(季節により変更あり)。入場料は、大人・高校生=700円、中小学生=350円。

  • はてなブックマークに追加