プレスリリース

ヤマハ発動機の日高社長が中学生に特別授業

リリース発行企業:磐田市役所

情報提供:

令和4年11月15日(火曜)に城山中学校で、ヤマハ発動機の日高祥博社長が、全校生徒に特別授業を行いました。日高社長は、SDGsやカーボンニュートラルをテーマに、これからの社会や環境の変化に対する取り組みを語ると、中学生に向けて「世の中にはいろいろな人がいて、それぞれが異なる意見を持っています。お互いの違いを認められる人になってください」とエールを送りました。


 この事業は、磐田市が市内小中学生向けに行っている講師派遣事業のうち、起業された方や経営されている方など講師として派遣する「就労・企業啓発事業」の一環として行われました。今回はヤマハ発動機(株)の日高社長が城山中学校に来校し、SDGsやカーボンニュートラルをテーマに、これからの社会や環境の変化に対する取り組みを語ると、中学生に向けて「世の中にはいろいろな人がいて、それぞれが異なる意見を持っています。お互いの違いを認められる人になってください」とエールを送りました。
 また、ライダーの顔やジェスチャーを認識する画像認証AIなどの技術を搭載したМоtоrоid(モトロイド)のパフォーマンスも行いました。



 

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース