天気予報

16

13

みん経トピックス

浜松で花と緑のイベント浜松に北海道居酒屋

浜松・半田山にイタリア料理店 主婦層をターゲットに素材にこだわり

浜松・半田山にイタリア料理店 主婦層をターゲットに素材にこだわり

ランチコース・Bコース

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・半田山に10月1日、イタリア料理店「Trattoria Il Quadrifoglio(トラットリア イル クアドリフォーリオ)」(浜松市東区半田山、TEL 053-435-3330)がオープンした。

白を基調とした内装

 店長の木村友宣(とものり)さんは約17年間、東京のフランス料理店やイタリア料理店で修業を積み、約6年前に浜松に移住した。業界に入ったときから自分の店を持ちたいという夢があった木村さん。浜松の地でターゲットとしている女性や主婦層が多いと考えていた同所に理想の物件を見つけたことから、店主と相談しイタリア料理店を構えることを決意。来店した客が幸せになってほしいという思いからクローバーを意味する「クアドリフォーリオ」と名づけ、内装を整えオープンにこぎ着けた。

 店舗面積は約15坪。テーブル20席。白の壁紙に白のテーブルクロスで清潔感があり、窓も広く取っているため明るく、静かで優しい空間を演出している。

 料理に使う食材は地元のものにこだわりを持ち、野菜は浜松の5つの農家と契約し木村さん自ら仕入れに行く。「鶴首かぼちゃ」や「四角豆」、「白ゴーヤー」など季節の珍しい食材も仕入れ、バーニャカウダやスープにして提供するという。魚は舞阪港の旬の魚を使い、肉は愛知のカモや錦爽鶏(きんそうどり)、三州豚(さんしゅうぶた)を使う。

 ランチメニューはAコース(1,800円)、Bコース(2,500円)、Cコース(3,200円)の3コースを用意。Aコースは前菜の「契約農家のバーニャカウダ」とパスタ、ドルチェ、ドリンクで構成。パスタは「スパゲッティ 蛸(たこ)のラグーとミニトマト」や「タリアテッレ サルシッチャと茸のトマトソース」など日替わりの4種類から選ぶことができる。Bコースは前菜が「前菜盛り合わせ」に代わり、スープが付く。Cコースはさらに肉料理または魚料理のどちらかを選ぶことができる。ランチタイムには幼児用の「お子さまランチプレート」(200円)も用意し、ターゲットにしている主婦層が気軽に入店できるように配慮する。

 ディナーメニューも同様にAコース(3,000円)、Bコース(4,000円)、Cコース(5,000円)の3コースを用意するほか、コースとは別にアラカルトも豊富に用意。「オーガニック野菜のバーニャカウダ」(1,400円)や「ペンネ アラビアータ」(1,000円)など約30種類をそろえ、「三河赤鶏 骨付きモモ肉の狩人風」(2,000円)や「あいち鴨 胸肉のロースト グリーンペッパーのソース」(2,400円)など日替わりで肉料理や魚料理のアラカルトも幅広く取りそろえる。

 「地元の食材でオーガニックの物も使っている。安心・安全な料理で、素材の味を生かしたものを提供している」と木村さん。「地域の人に愛される店にしていき、この地域を盛り上げることのできる店にしていきたい」とも。

 営業時間は11時30分~14時、17時~21時。水曜定休。

グローバルフォトニュース