浜松・若林町の銭湯で「ぐでたま」とコラボ 限定グッズやぐでたまの湯も

ぐでたまのフォトスポットでポーズを取る、チーフの黒田恭平さん

ぐでたまのフォトスポットでポーズを取る、チーフの黒田恭平さん

  •  

 浜松・若林町の「RAKU SPA Cafe 浜松(浜松市南区若林町、TEL 053-445-4919)」で現在、イベント「ぐでたま×極楽湯コラボキャンペーン」が開催されている。

店内に置かれた「ぐでたま」ボール

 2016年のリニューアル以降、「白鶴」や「養命酒」、「パピコ」などとコラボし、特別な湯や飲食の販売などのイベントを定期的に行ってきた同店。今回はサンリオのキャラクター「ぐでたま」とコラボし、店内全体をぐでたまで装飾し、同店初の大規模イベントとして開催にこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約656坪。高濃度炭酸泉の露天風呂や温灸座湯、ジェットバスなどさまざまな風呂があり、食事スペースやコミック、リラクセーションサロンなども備える。店内の至る所に、ぐでたまのイラストやステッカーを貼り、ぐでたまの顔を描いたボールを無数に配置。館内をぐでたま一色に装飾し、ぐでたまのぬいぐるみを置いたフォトスポットも用意する。

 レストランでは5種類のコラボメニューを販売。「しがらみが多い…トロ~リ半熟卵と、厚切りベーコンのカルボナーラ」(1,030円)や「あつすぎるのもどうなの?お月見白湯うどん」(980円)、「しきぶとんとしては合格かな~ ローストビーフ丼~エベレスト盛り~」(1,380円)などを用意。料理にのった温泉卵や生卵の黄身にはぐでたまの顔が描かれ、いずれもSNS映えを狙い可愛らしくデザインしたという。

「どのメニューも好評で、約2割の客がイベントのコラボメニューを注文していく」とチーフの黒田恭平さん。メニューを注文した際、オリジナルのコースターや待受のプレゼントも用意する(以上、税別)。

 グッズコーナーには、イベント限定グッズを約20種類用意。フェースタオルやキーホルダー、クリアファイル、Tシャツなどを取りそろえる。どの商品も、お風呂に関係するデザインで、おけや湯に入ったぐでたまやメレンゲを泡に見立てたデザインなどを用意する。同キャラクターのファンからは、限定グッズに関しての問い合わせもあるという。

 6月15日から日替わりで菖蒲湯や入浴剤などを変える「替わり湯」で、「ぐでたまの湯」も開始。オリジナル入浴剤を使い、卵を使ったお菓子をイメージする。約1万個のぐでたまボールを浮かべ、浴槽を埋め尽くすという。

 「今までのイベントは1つのブースという規模だったが、今回は館内全体を装飾した大規模イベント。イベントを知らずに来た人でも大変喜んでもらえている」と黒田さん。「男女問わず若者や子連れの家族などに人気がある。さまざまな年代の人に楽しんでもらえるイベントだと思うので、老若男女問わずぜひ来てもらいたい」とも。

 営業時間は7時~翌1時。6月24日まで。