天気予報

23

20

みん経トピックス

浜松でビーチラグビー大会浜松に焼き肉店

浜松・鴨江の関西風料理店が8周年 スッポンやフグなど浜松産食材使う

浜松・鴨江の関西風料理店が8周年 スッポンやフグなど浜松産食材使う

提供している「フグの刺身」

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・鴨江の「関西風料理 くぜ(浜松市中区鴨江、TEL 053-452-3924)」が6月12日、オープン8周年を迎えた。

店主の久世慶治さん

 開業以前も居酒屋を経営していた店主の久世慶治さん。若者の酒離れや時代の流れで大きな店舗ではなく、規模を縮小して現在の店を始めた。もともと関西の飲食店で働いていた経験もあったことから、関西風の味付けや「専門店より安く」をコンセプトに地元のスッポンやフグといった高級食材の料理を安価で提供してきた。

 「地元の良い食材を知っていても食べたことがないという人が多い」と考えている久世さん。浜松のおいしい食材を広めたいという思いで、スッポンやフグを提供するが、看板を見ると高そうなイメージで思うように客が来なかったという。久世さんは「スッポンやフグのイメージが先行し、通常のメニューに目を向けてもらえないというジレンマもあった」と話す。

 久世さんは定期的に「お酒の会」も開催。酒の蔵元が実際に来店し、一般客を相手に酒を振る舞う。「会を始めた時は蔵元側も初めてのことで戸惑っていたが、近年では同様の会が全国に広がりを見せている。当時蔵元は酒屋からの意見しか聞けなかった時代なので、客との接点ができ喜ばれた」と久世さん。今までに「開運」や「久保田」、「八海山」、「出羽桜」などさまざまな蔵元を招待し、中には感謝や喜びの手紙が送られてくることもあったという。

 店舗面積は約30坪。席数はカウンター席5席、掘りごたつ席8席、座敷席28席の計42席。カウンター席からも座敷席が見渡せるほどの開放感のある空間。店内の壁には同店で開催した「お酒の会」で撮った久世さんと蔵元の人たちとの写真が飾られている。

 メニューは刺し身や揚げ物、鉄板焼きや鍋など幅広いジャンルで100種類以上を提供。8周年記念として、スッポンの刺し身や鍋、コラーゲンサラダなどの「スッポンコース」(4,980円)と、フグの刺し身やフグ皮の湯引き、唐揚げ、雑炊などの「フグコース」(3,980円)の2つの特別コースを用意。食べたことのない人に食べに来てもらえるよう安価に設定したという。

 「客に『おいしかった』と言ってもらえることが何よりうれしい。近年外食をする人が減っている中で、ただ客を待つだけでなくこちらからもアプローチしていけたら」と久世さん。「スッポンは特に見た目のイメージで敬遠され、価格も高いので食べたことのない人も多いが、これからもフグやスッポン料理のおいしさを伝えていきたい」とも。

 営業時間は火曜~土曜=18時~翌1時、日曜・祝日=18時~24時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング