3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

浜松・鍛冶町にレストラン・バー 和の空間で洋食を楽しむ異空間を演出

エゾシカのロースト

エゾシカのロースト

  • 58

  •  

 浜松・鍛冶町に6月12日、レストラン・バー「Atelie Restaurant bar Ligare(アトリエ レストラン バー リガーレ)(浜松市中区鍛冶町、TEL 053-488-6006)がオープンした。

和風空間にこだわる店内

 バーテンダーとして7年間修業を積んできた店主の伊藤浩士さんが自信の夢をかなえ出店にこぎ着けた。「バーとして酒を提供するだけではなく、料理も提供できる店にしたい」と考えていたといい、「タイミングよく、以前付き合いのあった知人のフランス料理人が店を始めたいと考えていた」と、2人で店を始めることを決めた。店は「異空間」をテーマに内装を仕上げした。

[広告]

 店舗面積は約21坪。カウンター8席、テーブル30席の計38席。障子の窓やテーブルにも障子紙を貼り、畳を使った座席を作るなど、和風にこだわった。箸には竹を使い、皿には瓦を使うなど、日本人の落ち着く和風の空間で洋食を食べるという「非日常」を演出する。

 メニューは牛肉の希少部位「センボン」を煮込んだハンガリーの郷土料理「牛肉の希少部位 ~ハンガリー風」(2,200円)や、「エゾシカのロースト」(1,980円)など、珍しい食材を使った料理を提供。「鴨肉のコンフィ」(2,200円)や「榛名山麗豚の低温調理」(1,680円)などフランス料理を経験した料理長の創作料理をそろえる。ほかにも、ザリガニを塩でボイルした「ボイルザリガニ」(1,280円)や牛の骨髄をソースにエスカルゴをカンパーニュにのせた「牛骨とエスカルゴ」(1,680円)などの珍味メニューも用意。パンは自家製で、毎日同店で焼いている。今後は本日のメニューとして、旬の食材や地元の食材を使った料理も増やしていくという。

 「40~50代の客層が多いが、若い世代の人にもお酒や料理を楽しんでほしい。コース料理なども要望にできる限り応えていきたい」と伊藤さん。「店名にアトリエと付くように、いろいろな使い方ができる店にしていきたい。現在パン窯の設置も予定しているので、パン教室なども開催できたら」とも。

 営業時間は18時~翌4時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home