学ぶ・知る

浜松・砂山町の「ソラモ」で子ども体力測定イベント 子育て世代の親子の絆を育むことを目的に

多くの方の来場に期待する、イベント担当の松本莉奈さん

多くの方の来場に期待する、イベント担当の松本莉奈さん

  •  
  •  

 イベント「ちびっ子チャレンジカップ 2019 in 浜松」が3月3日、「浜松市ギャラリーモール ソラモ」(浜松市中区砂山町)で開催される。

 18歳未満の子どものいる世帯が減少傾向にあることや、共働き世代の人口が増えてきていることを背景に、共働き世代の親子が一緒にいる時間を作ろうとイベントを企画。今年開催されるラグビーワールドカップや、2020年にオリンピックを控えていることから、スポーツをテーマに設定。小さな子どものころから体力づくりに関心を持ってもらおうと、2歳から小学生までを対象に、体力測定や体験型アトラクションができるイベントとして開催を決めた。

[広告]

 当日は「子どもたちの豊かな未来を築く」をテーマに、3つのエリアに分けてイベントを開催。体力測定エリアは、2歳から年長までを対象に、ボール投げと鉄棒ぶら下がり、連続両足跳び、25メートル往復走の4つの競技を実施。受付で情報を入力すると、後日ウェブ上で結果を確認することができる。今後浜松を中心に全国的に活動を広めていくため、結果の全国平均も見ることができるようになるという。

 チャレンジアトラクションエリアは、ボールを蹴って狙ったパネルに当てる「キックターゲット」や、バランス感覚を試す「平均台チャレンジ」など6つの競技を用意。小学生も体験でき、兄弟でイベントに参加しても楽しめるような内容にした。ほかにもステージでは親子で体験できる参加型イベントやじゃんけん大会、地元ダンスチームのチアダンス発表などを行う。体力測定やチャレンジアトラクションはスタンプラリーもあり、ポイントを集めることで景品が当たるガラポン抽選会に参加できる。

 「親には子どもの心と体の成長を体感してもらいたい」とイベント担当の松本莉奈さん。「限られた親子の時間の中で、子どもと一緒になって楽しめるイベントなので、共働きの子育て世代の人たちにはぜひ参加してもらいたい」とも。

 開催時間は10時~15時。

  • はてなブックマークに追加