食べる

浜松・豊保に焼き煮干しラーメン店 香ばしくあっさりした煮干し系ラーメンメインに

香ばしさが出たあっさりとしたスープの焼き煮干しラーメン「醤油ラーメン」

香ばしさが出たあっさりとしたスープの焼き煮干しラーメン「醤油ラーメン」

  •  
  •  

 ラーメン店「屋台系ラーメン浜北」(浜松市浜北区豊保、TEL 090-8956-1259)が4月3日、浜松・豊保にオープンした。

屋台をイメージした店内

 西区でラーメンも提供する居酒屋を約6年経営してきた店主の山崎孝行さん。テナントの契約期限が切れたため、新たな店を出そうと場所を探していた。なじみの西区ではなく、心機一転、新たな地で再スタートを切ろうと浜北の同所を選定。今までの居酒屋スタイルからラーメンを主軸に食事を中心としたメニュー構成で、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約36坪。カウンター9席、テーブル28席の計37席。もともとスーパーだった店内を改装。店名の通り屋台をイメージした雰囲気の店内で、木張りの壁や黒板など、すべて手作りで仕上げた。

 ラーメンは焼き煮干しラーメンを中心に展開。だしを取る前に煮干しを焼くことで風味よく仕上げる。一般的に煮干し系のだしは時間がたつと酸化して苦味が出るが、焼きを入れることで苦味が出ず、香ばしさが出たあっさりとしたスープに仕上がるという。麺はあえてスープにからまない細麺のストレート。「スープはスープの味を、麺は麺の味を味わってほしいと」山崎さん。メニューは「しょうゆラーメン」(750円)や「こくみそラーメン」(800円)、「もつラーメン(みそ味)」などを用意。辛さの調整できる「旨辛みそ赤ラーメン」(以上、850円)や、唯一煮干し系ではないあっさり味の「豚骨 黒ラーメン」(800円)なども提供。長時間煮込み柔らかく味が染み込んだ「もつ煮込み定食」(900円)は、以前の店で人気のあった一品だという。ほかにも「ホイコーロー」(600円)や、「マーボー豆腐」(800円)など食事系メニューもそろえる。

 「最近インスタ映えとよく見た目を気にするが、自分はそうではなくアナログ派。こだわりの味を提供し、お酒も昼から飲めるので、気になった人はぜひ立ち寄ってもらいたい」と山崎さん。「もう年なので、味を気に入った人にはこの味を継承したい。ラーメン店の経営者も募集している」とも。

 営業時間は11時~21時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加