食べる

浜松・肴町に野菜巻き串メインのダイニング 50センチユッケずし、工夫凝らしたメニューも

博多名物の野菜巻き串

博多名物の野菜巻き串

  •  
  •  

 串焼きダイニング「天晴」(浜松市中区肴町、TEL 053-458-1428)が7月24日、浜松・肴町にオープンした。

約50センチメートルあるユッケ寿司

 洋風居酒屋「REGALO」やダイニングバー「neo HANGOVER」を姉妹店に持つ同店。以前から新しい業態の飲食店を出店したいという考えがあり、焼き鳥店を出そうと考えていた。さまざまな店を食べ歩く中で、博多名物の野菜を肉で巻いた串焼き「野菜巻き串」の魅力を知り研究。姉妹店近くの同所物件が空いたことを知り、出店を決意。野菜巻き串をメインにした串焼きダイニングとしてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約30坪。カウンター8席、座敷12席、個室18席の計38席。和風テイストでありながらもカジュアルな雰囲気な店内。カウンター席後ろの壁は金色にすることで、高級感とかっこよさを出したという。

 メニューは野菜巻き串を中心に展開。シャキシャキと食感が良い「レタス巻き」(380円)や、ネギの風味が良い「博多万ネギ巻き」(300円)、「すき焼き串」(400円)、「豚バラシソ巻き」(200円)などを用意。野菜は静岡県産の農家から直送した新鮮なものを使い、甘みがあり脂にうまみのあるアグー豚で巻く。今後は旬の野菜を使ったその日のおすすめ串も用意していくという。おすすめの料理として、長さ約50センチメートルもある「ユッケ寿司(ずし)」(3,200円)や、フレッシュトリュフをかけた「トリュフのたまごかけご飯」(2,000円)を提供。ほかにも、しば漬けを使ったピンク色の「ポテトサラダ」(500円)や、わさびのお菓子を使った「ねばねばわさび」、サバ缶の缶を容器にした「SABAKANサラダ」(以上、580円)など、遊び心のあるメニューもそろえる。

 「仕込みから全て手作りで、一品一品思いを込めて作っている」とゼネラルマネジャーの近藤洋介さん。「店名を天晴としているので、来てもらった客に『お見事』と言ってもらえるような店作りをしていきたい」とも。

 営業時間は日曜~木曜=18時~翌1時、金曜・土曜=18時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加