食べる 見る・遊ぶ

浜松・舘山寺町に鳥カフェ 鳥と戯れる癒やしの空間を提供

ルリコンゴウインコのはっぴー

ルリコンゴウインコのはっぴー

  •  
  •  

 鳥カフェ「羽っぴー(はっぴー)」(浜松市西区舘山寺町、TEL053-488-7715)が、11月17日にオープンした。

鳥とふれあえる「もふもふエリア」

 自動車メーカーや宝石店などさまざまな職種を経験する中、板金業に従事していた際、ストレスがたまり精神的に厳しい時期があったという代表の山本直也さん。そんなとき、名古屋にある鳥カフェでモモイロインコと出会い、鳥と戯れることでとても癒やされた。自身も多くの人を癒やそうと、鳥カフェをやること決意。約3年かけて、鳥の育て方やエサについて勉強。愛玩動物飼養管理士や食品衛生責任者などの資格を取得。物件を見つけて改装し、浜松初の鳥カフェとしてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約30坪。カウンター9席、テーブル4席の計13席。店内は、鳥とふれあえる「もふもふエリア」と、鳥を見ながら喫茶を楽しめる「カフェエリア」に分かれている。内装は、白と木目を基調としたナチュラルに仕上げた。鳥がいるスペースには、川や海で拾った流木やリフォームした際に出た廃材を使って手作りした止まり木や、鳥のおもちゃを配置。鳥にとっても人にとっても居心地の良い空間づくりを心掛けた。

 インコとオウムが合わせて13羽いる同店。セキセイインコやオカメインコなど、なじみが深いインコはもちろん、体が大きく同店の店名と同じはっぴーという名前のルリコンゴウインコや、忍者のような走り方をするキガシラアオハシインコなど、珍しいインコも多数いる。インコやオウムが手や肩に乗せたり、ヒマワリの種などのエサをあげることもできる。

 喫茶メニューとして、「オレンジジュース」(300円)や「レギュラーコーヒー」(350円)といったドリンクを用意。食事はホットサンドのみで「ベーコンエッグ」(450円)や「マーマレード」(400円)など5種類を提供する。

 「鳥の世界に足を踏み入れると鳥も心を開いていろいろな表情を見せてくれる」と山本さん。「実際に鳥に触れることができる貴重な場所。疲れている人はぜひ、ここに来て鳥を見たり触ったりして癒やされてほしい」とも。

 営業時間は9時~18時(水曜は17時まで)。「もふもふエリア」(ふれあい体験のみ、大人=15分500円、30分、800円、45分1,000円、小人(6歳~12歳)=15分200円、30分、400円、45分500円)。「カフェエリア」(喫茶のみ45分、大人=200円、小人=100円)「もふもふ&カフェ」(60分、大人=1,200円、小人=600円)(以上、フード・ドリンク代別途)。

  • はてなブックマークに追加