食べる

浜松・田町にバー「MIRAI」 若者が集い、夢の実現に近づける場所として

多くの方の来店を期待する、オーナーの原一史さん

多くの方の来店を期待する、オーナーの原一史さん

  •  
  •  

 バー「MIRAI(みらい) BAR」が12月21日、浜松市中区田町にオープンした。

 市内でイベンターをしているオーナーの原一史さん。今年9月には、渚園(西区)で「城落とし」と「泡パーティー」を組み合わせたイベントを行い、12月15日には「浜松100人忘年会」を開催するなど、精力的にイベントを行ってきた。イベントでつながった若い世代の人たちが継続的にコミュニケーションを取れる場を作りたいと考え、共同経営者の前田勇気さんとともにバーの形態でオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約20坪。席数は、カウンター席5席、テーブル席35席の45席。同店の立ち上げに賛同してくれた約20人が協力し、電灯や棚など、内装を自分たちで製作。酒を飲むだけではなく、語り合うことを重視し、店内には余計な物は置かずシンプルに仕上げた。

 ビールやカクテルといった酒や、ソーセージやナッツなど定番のつまみを用意。若い人たちが気軽に集まれる場所であってほしいと、メニューの多くを500円に設定。チャージ料無料で、食べ物の持ち込みもできるようにしている。

 店内に来店客がやりたいことや夢を書くスペースである「MIRAIBARウォール」と呼ばれる大きな黒板を設置。ほかの客の目にとまることで、応援やサポート、一緒にやりたいことを形にしていければと考えて設置した。「小さなことでも行動を起こすことが大切」と考える原さん。過去のイベントでは、初めてDJを披露した人にイベンターやクラブハウスから声が掛かり、DJとして活躍する場を獲得した例があるという。

 「この店を開くときに『どんなことも肯定する、不満や愚痴を言わない、将来に向けた前向きな話をする』と決め、接客の際に心掛けている」と原さん。「今後は、若い人と経験を積んだ大人をつなげるイベントもやっていきたい。なにかをやってみたい、夢をかなえたいという熱い気持ちがある人にぜひ来てほしい」とも。

 営業時間は19時~翌1時。火曜・水曜定休。

  • はてなブックマークに追加