食べる

浜松・肴町に居酒屋 2日間かけて作った大根のおでんも提供

串焼きとオリジナルのオニオンソース

串焼きとオリジナルのオニオンソース

  •  
  •  

 居酒屋「やす」(浜松市中区肴町、TEL053-451-5577)が1月6日、オープンした。

よく煮込んだおでんとレモンサワー

 もともと料理を作るのが好きだったことから、調理師専門学校を卒業したオーナーの寺田靖さん。諸事情により会社員として働いていたが、酒を飲むのが好きなことや、料理を作って食べてもらうことに喜びを感じることから、居酒屋をやりたいと思っていた。2年前に会社を辞め、磐田の居酒屋で修業。物件を探していたところ、知人から今の店が空いているという知らせがあり、店内を改装し、メニューを決めてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約13坪。カウンター8席、テーブル8席の計16席。もともと居酒屋だった店舗の内装を生かしつつ、壁にパネルを張るなどして雰囲気を変えた。ほかにも、カウンターを使いやすくするために棚を作り、客に見てもらえるよう食材を置くネタケースやおでん鍋を設置した。

 料理のメインのひとつが、毎日串打ちして提供する串焼き。豚肉で巻いた「しそまき」や「にんにくの芽巻き」、「うずらベーコン」(以上、150円)などを用意。豚肉とネギを交互に串に刺した「ブタマ」(180円)や「厚揚げ」など珍しいものもある。ほかにも、「つくね」や「砂肝」、「トリマ(鶏肉のねぎま)」(以上、150円)など、定番の焼き鳥もそろえる。塩コショウで味付けしているが、オリジナルのオニオンソースをつけるとさっぱりと食べられるという。

 もうひとつのメインがだしを使ったシンプルなしょうゆ味のおでん。継ぎ足しして作っているつゆは、色は濃いが味はあっさりしているという。「大根」(100円)はしっかり味をつけるため、1日煮込んだのち冷蔵庫でいったん冷やして味を染み込ませ、さらに煮込む。そのため完成まで2日間かかるという。ほかにも「手羽先」(120円)を入れることで、鶏肉のだしを出す。

 ビールや日本酒、チューハイやカクテル、ワイン、日本酒、ホッピーなど、一通りの酒を用意。中でも、「レモンサワー」(550円)は、串切りにした国産レモンを1個分凍らせて、氷代わりに使用。たくさん飲む人のために通常の2倍の量がある「メガレモンサワー」と「メガ角ハイボール」(以上、850円)も提供する(以上、税別)。

 「一人でも気軽に飲める雰囲気なので、平日の仕事帰りにちょっと飲める店」と寺田さん。「価格を抑えているので気軽にきてほしい」とも。

 営業時間は17時~24時。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019