食べる

浜松・有玉西町のフルーツレストランが3周年 果物専門店の強みを生かし

10種類以上のフルーツが乗ったフルーツパフェ

10種類以上のフルーツが乗ったフルーツパフェ

  •  
  •  

 フルーツレストラン「Novela(ノベラ)」(浜松市東区有玉西町、TEL 053-401-3200)が2月10日、オープン3周年を迎えた。

店主の奥さんとスタッフたち

 果物専門店「まつもとフルーツ」が、フルーツパーラー「TRE・PINI(トレピーニ)」の姉妹店として3年前にオープンした同店。完全個室もあり、高級感のあるゆったりとした時間を過ごせる空間を提供。小学生以下は入店できないが、20代から80代まで年代を問わず多くの人が訪れているという。価格と味に納得してリピーターになってくれる人も多く、名古屋や京都から観光のついでに来店する人もいる。「ここまで大きな苦労もなく来られたのは、客とスタッフに恵まれたおかげ」という店主の松本光由さん。スタッフは来店客に喜んでもらうためにはどうしたらいいかを常に考え丁寧な接客を心掛けてくれるため、安心して店を任せられるという。

[広告]

 フルーツをメインに提供する同店。開店当初から定番と季節のパフェを用意。旬やバランスを考え10種類以上の果物が乗っている「ノベラのフルーツパフェ」(1,380円)が通年人気。今の時期は、たっぷりのいちごを乗せた「季節のいちごパフェ」(1,500円)を選ぶ人が多く、両方で7~8割を占める。ほかにも、スタッフの意見から生まれた「ノベラの鉄板フレンチトースト」(1,000円)は、温かいメニューとしてこの時期注文する人が多いという。ランチメニューは、スパイスの辛味とマンゴーの甘さがマッチした「フレッシュマンゴーカレー」(1,200円)やフルーツとパスタを同時に楽しめる「季節のフルーツとトマトのパスタ」(1,080円)などの食事メニュー6種類を用意する(以上税別)。

 より多くの種類の果物を食べてもらえるよう、フルーツとセルフで作るサンドイッチをバイキング形式で提供することを計画中だという。旬のフルーツを中心に、ベーグル・クロワッサン・バケットといったパン、生クリーム・チョコクリーム・生カスタードクリームなどのクリーム、各種フルーツソースを用意。来月から月1回、予約制で行う予定。

 「果物店という強みを生かして、目利きした質の良い果物をそろえている。普段、果物を食べない人もいると思うが、果物は本当においしいということを知ってほしい」という松本さん。「インスタや情報誌、友人からの口コミで来てくれる人も多く、リピーターもたくさんいる。おいしい果物を食べてもらいたいという初心を忘れずに長く続けていきたい」とも。

 営業時間は10時~18時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019