3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

浜松で4店のカレーを楽しめるワンプレート 一日限定で

多くの人の来店を期待する、「ガル」店主の齋藤賢さん

多くの人の来店を期待する、「ガル」店主の齋藤賢さん

  • 211

  •  

 スパイスカレー専門店「SPICE CURRY GHAL(スパイスカレーガル)」(浜松市中区高丘西、TEL 053-438-5885)で7月9日、4店合同イベント「スパイスが好きだと叫びたい」が開催される。

当日提供予定の限定カレーの試作品

 今年2月、ラーメン店「麺屋 AMORE(アモーレ)」(浜北区寺島)とコラボして、スパイスカレーを乗せたまぜそばを作り提供した同店。ほかでは見られないメニューということもあり好評で「もう1回やらないのか」という声が多くあったという。そこで、何かやってみようと話し合っていたところ、縁あって肴町Littleに出店しているインドカリー店「DAN CURRY(ダンカリー)」(中区神明町)と浜松の老舗カレー店「ブータン」(中区鍛冶町)の参加が決定。カレー界全体を盛り上げ、浜松ではまだなじみのないスパイスカレーをより多くの人に知ってほしいと、4店舗のカレーを一度に楽しめるイベントを開催することとした。

[広告]

 今回提供するのは4店舗のカレーをワンプレートに乗せた限定カレー「スパイスが好きだと叫びたい」(1,500円)。各店が、それぞれの特長を生かしたカレーと付け合わせを用意する。「SPICE CURRY GHAL」は、本格スパイスカレー店らしいスパイスがしっかりと効いた「スパイシービーフマサラ&ダルカレー」 。「4種類のカレーは、それぞれ食べてもおいしいけれど全部まとめて食べてもおいしい」と店主の齋藤賢さん。「麺屋 AMORE」は、ラーメン屋らしさを生かし、煮干しとスパイスを合わせた「スパイスニボキーマ&スパイスうずら味玉」。「ラーメン屋らしいカレーを出すので楽しみにしてほしい」と店主の石坂亮祐さん。「ブータン」は、長年愛されてきた王道の味「欧風ビーフカレー&福神漬け」。「4店舗のカレーを同時に楽しめるのでぜひ来てほしい」と店主の佐藤利昭さん。「DAN CURRY」はホタテやココナツミルク、酸味のあるタマリンドを使ったインドカレー「帆立のマラバール風カリー&アチャール」。「カレーを盛り上げられることが楽しみ。ぜひ好みの味を見つけてほしい」と店主の桐田和昭さん。限定100食を用意する。

 新型コロナウイルスの感染予防のために、スタッフはマスクを着用。アルコールでの清掃や換気をこまめに行う。座席は2メートルほど間隔をあけて配置。アルコール消毒を店頭に用意し、来店する人にマスク着用とアルコール消毒をお願いする。

 「普段はこの味はどう思われるだろうかとつい考えてしまうが、このカレーを食べたとき、これはいけると思った。たくさんの人に食べてほしいという気持ちしかない」と齋藤さん。「カレーと一口に言っても、それぞれが全く違うカレーになった。4つの味を一度に食べられる珍しい機会なのでぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は、11時~14時、17時30分~21時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home