買う

浜松のタオル卸売会社が「お年賀マスク」 手縫いマスクにロゴなど自由にプリント

マスクに会社のロゴがプリントされた「お年賀マスク」

マスクに会社のロゴがプリントされた「お年賀マスク」

  • 53

  •  

 業務用タオルの卸売りを営む「コットン幸新」(浜松市東区笠井、TEL 053-433-3770)が「お年賀マスク」の販売を始めた。

 旅館やホテルを中心に、プリントした業務用タオルを販売する同社。新型コロナウイルス感染症の拡大により、販売先である旅館やホテルの稼働が落ち、4月以降大幅に売上が減少してしまった。タオル販売が落ち込む中、何か他の収益の柱を模索していた社長の清水大介さん。夏ごろからマスクに自社のロゴやチームロゴなどのプリントをしてほしという注文が多くなってきたことや、これから冬になり、新型コロナウイルスのさらなる拡大を懸念する中、例年通りタオルをお年賀にするより、布マスクが良いのではないかと考え、マスクに会社のロゴなどをプリントして贈る「お年賀マスク」を企画。マスクを供給してくれる業者を探し、販売にこぎ着けた。

[広告]

 マスクは、地元で浴衣の縫製をしている会社で、一枚一枚縫い子が手縫いしたものを仕入れる。浜松産の綿100%の生地を丁寧に手縫いしているため、非常に丈夫でほつれにくいという。「大切な新年のあいさつに使われるもののため、きちんとした製品にしたかった」と清水さん。白と紺の2種類の生地をメインに用意する。自社で施すプリントは、表裏両面対応。自社のプリントタオルのノウハウを生かし、色やプリントパターンは柔軟に対応する。注文から納品まで約2週間。会社ロゴ以外にも、「いつもお世話になっております」などのメッセージのプリントもできる。

 マスクと一緒に新年のあいさつ文を同封。本来お年賀は郵送するものではなく持参するものだが、新型コロナの拡大状況によっては新年のあいさつに行きにくいことも想定されるため、例外的に先方への直接配送(送料120円)も行う。

 「裏面にさりげないプリントにすれば、贈り先でも使ってもらいやすいと思う」と清水さん。「お年賀には、賞味期限が無くもらっても困らないという理由でタオルを選ぶことが多いが、今年は贈り先のことを考えマスクを選んでもらえれば、あいさつの際の良い会話のきっかけになるのでは」と期待を懸ける。

 1枚550円で最低10枚から注文できる。注文は電話もしくは専用ホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home