食べる

浜松・和地にボトルチーズケーキ店 ボトルデザインにもこだわり

かわいらしい柄のついたボトルに入ったボトルチーズケーキ5種

かわいらしい柄のついたボトルに入ったボトルチーズケーキ5種

  • 57

  •  

 浜松市西区和地町にボトルチーズケーキ専門店「森のチーズケーキやさん」(TEL 053-486-1723)がオープンして1カ月がたった。

多くの人の来店を期待する、スタッフたち

 別のケーキ店が店舗を構えていた「ぬくもりの森」内のスペースが今年の6月で空いたことから、施設で直営店の出店を計画。関連施設で、発酵食品を扱っており、「小さな子どもから年配の人まで好きな人が多いのでチーズを使ったスイーツにした」とマネジャーの増田みどりさん。天気が良ければ施設内のテラス席でも気軽に食べられるよう、持ち運びできるボトルタイプのチーズケーキ専門店としてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約38坪。テーブルが12席。店内でも写真を撮ってもらえるよう、新たに撮影スポットを作った。ほかは、大きな改装はせず、内装の床を塗り直し、ディスプレーを一部入れ替えた。

 北海道産のクリームチーズと生クリームを使い、店内の工房で作ったレアチーズケーキ5種類を用意。定番は「森のチーズケーキ」(450円)。下層がとろりとしたプリンのような食感の甘めのチーズケーキで、上層がクリーミーで酸味のあるチーズケーキの2層構造。ほかにも、濃厚でチーズの味をダイレクトに感じられる「森の濃―いチーズケーキ」(500円)、ホイップのように軽いチーズケーキに、ラズベリージャムでアクセントをつけた「森のふわっとチーズケーキ」(450円)を用意。浜松産の果物をメインに使ったチーズケーキとして、現在は「いちご」と「三ケ日みかん」(以上、500円)をそろえ、今後は旬に合わせて変えていく。

 チーズケーキのボトルは、食べ終わった後に使ってもらいたいと考え、同施設内にある建物をモチーフとした柄をあしらいかわいく仕上げた。柄は定期的に変えていく。店内で食べた後のボトルを持ち帰りたい人のために、洗浄済みのボトルを用意し、交換している。

 新型コロナウイルスの対策として、スタッフは検温、マスク着用、手指消毒を徹底。来店者には施設入り口で検温と手指消毒、マスク着用をお願いしている。店頭には手指消毒を置き、イートインテーブル用に布巾(ふきん)とアルコール消毒を用意。入り口の扉を開け放って換気を行い、定期的に店内のアルコール消毒清掃を行っている。

 店内で食べた人が、おいしかったからと家族にお土産で買って帰る人もいて、ボトルがかわいいと写真を撮っていく人も多いという。「ぬくもりの森はどこをとっても絵になる空間。ボトルもかわいく細部までこだわって作ったので食べ終わった後もペンやお菓子を入れて楽しんでほしい」とマネジャーの増田みどりさん。「旅行気分が味わえると思うので、地元の人もぜひ遊びにきてもらえれば」とも。

 営業時間は11時~16時(土曜、日曜、祝日は10時~17時)。入場料は、大人(中学生以上)=400円。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加