学ぶ・知る

浜経の年間PV1位は「手作りマスク」 マスク関連の記事が多くランクイン

「POTSUN」のマスク

「POTSUN」のマスク

  • 17

  •  

 浜松経済新聞の2020年PV(ページビュー)ランキング1位は手作りマスクを製作販売している作家を紹介した記事だった。

 ランキングは今年1月1日から12月11日までに配信した220本のヘッドラインニュースからPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 浜松・篠原町で手作りマスク 入手困難な今こそ多くの人に届けたいと(4/16)

2. 浜松のユニホームメーカーのマスクが人気 1カ月で10万枚を販売(5/27)

3. 浜松・貴布祢に岸本拓也さんプロデュースの高級食パン店 奇抜なデザインと店名で(10/20)

4. 浜松・和田町にラーメン店 体力の限界からいったん閉店も常連客の声で復活(5/22)

5. 浜松・染地台にそば店 こだわりのそばを毎日少量手掛け提供(8/19)

6. 浜松・住吉のパン店が30周年 地元の人たちの「マイパン屋さん」として(4/10)

7. 浜松各所で新型コロナ対応 外出自粛ムードを受け(4/3)

8. 浜松・東伊場にアメリカ雑貨店 オールDIYで大人もワクワクする空間演出(8/17)

9. 浜松・西山町で「洗えるマスク」 ウレタン素材使い「マスク不足を解消に」(5/11)

10. 浜松のホルモン店でアベノマスクと肉を交換 20日間で約130キロ分に(6/22)

  1位はマスクなど手作り雑貨を製作販売する「POTSUN」を紹介する記事。当時は使い捨てマスクの入手が難しい時期で、布マスクへの関心が高まっていた。そのほかにもマスク関連で紹介した記事が多く、ユニホームメーカー「レワード」製のマスク(2位)やウレタン製のマスク(9位)を紹介した記事がランクインした。「アベノマスク」とホルモンを交換した「岩田屋」(10位)の記事も注目を集めた。

 3位はベーカリープロデューサーの岸本拓也さんがプロデュースした高級パン店「罪な朝ほど粋な朝」がオープンしたことを伝える記事だった。店舗や紙袋などはグリーンと基調とした華やかな色合いが特徴となっている。パン店では地元で30年営んでいる「Levure」(6位)の記事もランクインした。

 昨年までランキング上位を占めていた飲食店のランクインは、東区和田町のラーメン店「火の車大喜」(4位)と浜北区染地台のそば店「染地台藪蕎麦」の2店のみ。アメリカン雑貨店「BANG BEE」(8位)を含め新店舗オープン記事のランクインが4件と、昨年とくらべ半減した。

 新型コロナウイルスの影響で環境が大きく様変わりした1年だったが、浜松経済新聞では2021年も浜松の街ネタを中心にビジネス&カルチャー情報を届けていきたい。