食べる

浜松に洋菓子店「ポムルージュ」-手作りパイをメーンに

赤いロゴが印象的な店舗外観

赤いロゴが印象的な店舗外観

  •  
  •  

 浜松・丸塚に洋菓子店「銀座ポムルージュ 浜松丸塚店」(浜松市東区丸塚、TEL 053-443-8122)がオープンして1カ月がたった。

焼き目が程よくついた「アップルパイ」

 同店は都内の商業施設「プランタン銀座」に出店していたが、昨年9月30日に閉店。商品構成や販売形態を再考し、運営会社の地元である浜松に再オープンした。

[広告]

 店舗面積は約7坪。内装は白と赤を基調にして南仏をイメージした空間に仕上げた。

 銀座店では焼き菓子のみを扱っていたが、生菓子の取り扱いも始めた。同時に新しい販売形態として7種類のクッキーの量り売り(100グラム=350円)も行う。メーンは手作りのパイ(小=399円、大=1,050円)で、「アップルパイ」は国産リンゴだけを使っている。「素材は紅玉が一般的だが、季節に合わせて年間で2~3種類のリンゴを使い分けている。シナモンを使っていないので幅広い層に食べていただけるのでは」と担当の乗富光和(のりとみみつかず)さんは話す。

 パイはほかに「ブルーベリーパイ」「黒ごま大納言パイ」「チョコくるみパイ」を用意。現在は「ドゥ ショコラ」「ショコラミルクティ(ハート型)」(以上1,575円)などバレンタイン限定のケーキも提供する。

 「今後は季節限定のパイも販売する予定」と乗富さん。「地元の方に喜んでもらえるような商品を積極的に開発していきたい」とも。

 営業時間は11時~20時。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019