買う

浜松・中区有玉北町の軽自動車専門店が移転リニューアル 巨大な恐竜オブジェが話題に

巨大な恐竜オブジェが目を引く店舗

巨大な恐竜オブジェが目を引く店舗

  •  

 浜松・有玉北町に7月14日、軽自動車専門店「軽ランド(浜松市東区有玉北町、TEL 053-476-3550)が移転リニューアルオープンした。

多くの方の来店を期待する、店長の倉田聡さん

 静岡県西部地域で車検のコバック5店舗を運営している坂井モーターが経営する同店。約3年半前に浜松中央店(中区高林)にオープンし、車購入後のアフターメンテナンスや保険までトータルサポートをモットーにしてきた。しかし、旧店舗ではオイル交換やメンテナンス等の設備がなく、系列店で整備をしてきたため、客からは購入した店舗でメンテナンスを受けたいという声も多く、作業所を備えることのできる場所へ移転を決意。家具店として使っていた店舗を改装し、以前の約4倍の広さの同所でリニューアルオープンにこぎ着けた。

[広告]

 すでに新車登録され誰も乗っていない車や、台車や社用車として使われた車、1年落ちで1万キロ以内の車などを販売する同店。スズキやダイハツ、ホンダ、日産、三菱、トヨタの軽自動車のオールメーカーを取りそろえ、「新車を安く」をモットーに営業する。各車のオールカラーや複数のグレードを取り扱い、欲しい車にできるだけ近い車にマッチングすることができるという。登録済みの車であることから納車も早く、新車の場合1~2カ月待ちのところが最短1週間での納車が可能だという。購入後のサービスにも力を入れ、車検やメンテナンスをリーズナブルにするだけでなく、自動車保険の提案など「生涯取引」を心掛ける。

 敷地面積は約1,500坪。以前60台までであった展示台数も、最大250台まで展示可能になった。敷地内には高さ約6メートル、全長13メートルの巨大な恐竜の像も設置。恐竜のしっぽは滑り台になっていて、子連れの来店客が遊べるように工夫した。「車を買いたいと思っている本人以外は店に来ても退屈なことが多い。小さい子どものころから当店のファンになってもらいたいという思いも込めて設置した」と店長の倉田聡さん。設置後は「有玉に大きな恐竜ができた」と話題になっているという。また、より客に親しんでもらおうと、以前からのアロハシャツスタイルでの接客は継続する。購入者がメンテナンス時に快適に過ごせるよう、2階にはラウンジスペースも確保。ソファ席を用意し、窓からは恐竜で遊ぶ子どもの姿が見えるようにしている。

 オープンから3日間は成約者の中から抽選で沖縄旅行やハンバーグレストラン「さわやか」の食事券が当たるなどの特典を用意。土曜・日曜限定で、ラテアーティストが希望のラテアートを描いたり、ハンドマッサージを無料で体験できたりもする。

 「静岡県西部の軽自動車販売店では最大規模。予算を含め要望に添った車を探せるはず」と倉田さん。「販売だけでなく、コバックをはじめとしたメンテナンスなど、これからもトータルサポートに力を入れていきたい」。

 営業時間は10時~19時。火曜定休。