食べる

浜松・中央の地ビールレストランが浜松応援宣言 「食・物・人」をテーマに

濃厚でスパイシーなトリイソースの「天狗ソース」を使った「遠州黒豚のステーキ-天狗ソース」

濃厚でスパイシーなトリイソースの「天狗ソース」を使った「遠州黒豚のステーキ-天狗ソース」

  •  
  •  

 浜松・中央の地ビールレストラン「マイン・シュロス」(浜松市中区中央、TEL 053-452-1146)が1月16日、「浜松応援宣言」を開始した。

 本場ドイツの肉料理や地ビールを提供する同店。「地」ビールを提供することから「地元」を元気にしようと、地元の「食・物・人」をテーマにイベントを企画。食材や商品を使ったメニューのほか、工業製品の展示販売など、1年を通じて浜松を応援するイベントの第一弾としてスタートした。

[広告]

 食の応援として8種類のメニューを用意。日本一の出荷量で知られるセロリや浜松周辺で採れる野菜を使った「浜松特産ピクルス」(700円)や、磐田の海老芋やうなぎいもを使った「海老芋とうなぎ芋入りポテトサラダ」(730円)、うなぎいもと三方原馬鈴薯の「2種の浜松コロッケ」(430円)など地元の野菜を使ったメニューを提供。山椒を使い、濃厚でスパイシーなトリイソースの「天狗ソース」を使った「遠州黒豚のステーキ 天狗ソース」(1,180円)や、「加藤醤油」のしょうゆで味付けした「浜松和風パスタ」(860円)など浜松企業の商品を使ったメニューも用意する。ほかにも、浜名湖産ののりを詰め込み磯の香りがする「浜名湖産海苔入りソーセージ」(680円)や、三立製菓の「かにぱん」を揚げてほんのり溶けたバニラアイスと合わせて食べる「揚げ『かにぱん』バニラアイス添え」(400円)、「自家製うなぎいもプリン」(540円)などのデザートもそろえる。

 物の応援として、浜松で造られた工業製品の展示販売を実施。現在は天竜ひのきを使った「豊岡クラフト」の木製文具を販売し、展示販売の内容は随時切り替えていくという。ほかにも浜松から全国に飛躍したい人や浜松で生活しようとする人の応援をしようと、浜松を中心に演奏活動を行うアマチュア演奏家のライブも定期開催していくという。

 「浜松にはいいものがたくさんあるが、浜松の魅力を知らない地元の人は多い。地元愛を強めてほしい」と支配人の宮津義之さん。「観光客も多く来店するので、浜松の魅力を発信していけたら」とも。

 営業時間は、火曜~金曜=11時~14時30分、17時~23時、土曜=11時~23時、日曜・祝日=11時~22時。月曜定休(祝日は営業)。

  • はてなブックマークに追加