食べる

遠鉄百貨店にアメリカンダイニング 本格バーガーと雰囲気楽しんで

ハンバーガーやステーキなどコース料理の一例

ハンバーガーやステーキなどコース料理の一例

  •  
  •  

 アメリカンダイニング「ザハイミールダイナー」が2月27日、遠鉄百貨店(浜松市中区砂山町)にオープンした。

 昨年10月にリニューアルした同百貨店のレストラン街「えんてつダイニング」。9店舗が営業してきたが、10店舗目として新たに同店が加わった。「食べる人に喜んでもらいたい、これから飲食業に挑戦したい人の励みになりたい、浜松の飲食業を盛り上げたい」という気持ちが強いオーナーの新村雅洋さん。2016(平成28)年に常磐町に1号店をオープン。もともと駅の近くに出店したいと思っていたこともあり、浜松の活性化につながればと出店を決意した。

[広告]

 約31坪の店内には、カウンター6席、テーブル54席の計60席を用意。アメリカ西海岸をイメージしたカジュアルな内装の1号店に対し、2号店はニューヨークをイメージ。ほかの店舗とのバランスと、百貨店内という場所を考え、床を大理石にするなどカジュアルすぎないよう上品さを演出するという。

 メインメニューがハンバーガーの同店。特注バンズは、小麦粉と天然酵母、少量の調味料を使い「歯切れがいい」という。赤身と脂身のバランスがいい牛肉に、塩こしょうで味付けし、つなぎを使わない100%ビーフパテ。ほかにも新鮮な野菜を使ったベーシックな「ハンバーガー」(1,000円)やチーズをプラスした「レッドチェダーチーズバーガー」(1,200円)などを用意。

 牧草で飼育された牛、グラスフェッドビーフを使ったステーキも用意し、冷凍すると肉質が硬くなってしまうため、一度も冷凍していない完全チルドの状態で仕入れた牛肉を使う。やわらかくジューシーに仕上げたという「グラスフェッドビーフリブアイステーキ」(2,500円)、トリュフバターとポテトを添えた「ステーキトリュフバターとローストポテト」(2,200円)などもそろえる。

 ランチとディナーの合間の時間も楽しめるよう、パンケーキとワッフルを新たに追加。「オリジナルバターミルクパンケーキ」(900円)や「バターミルクワッフル&フライドチキン」(1,300円)などを用意した。新村さんは「ハンバーガーやステーキなどこだわったアメリカンフードが充実している。おいしい料理とアメリカンな雰囲気をぜひ楽しんでいってほしい」と話す。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019