3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

浜松・船越に菓子店 カステラまんじゅうの秋芳堂が洋菓子も手掛け

多くの方の来店を期待する、店主・藤本桂さん

多くの方の来店を期待する、店主・藤本桂さん

  •  
  •  

 菓子店「Kipps by SHUHODO 船越店」(浜松市中区船越、TEL 053-463-5130)が6月18日、オープンした。

地元産の蜂蜜と牛乳を使った「はちみつプリン」

 1974(昭和49)年に創業した同店。創業当時からカステラ生地に白餡(あん)を入れた「カステラまんじゅう」をメインに、いろいろな商品を取り扱っていた。店舗展開をしていく中、旧松菱内の店舗を旗艦店とし、運営していたが、店舗面積の兼ね合いから商品をカステラまんじゅうとオリジナルのプリントクッキーに絞り営業。今回、創業時のようにさまざまなお菓子を販売し「食べた人にもっと笑顔になってもらいたい」という気持ちから、工房の一角を改装し、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約2坪。まんじゅうの和の商品イメージから脱却を図るため、壁はターコイズブルーに塗り、天井から柔らかいスポット光を照らす。店名の「Kippis」はフィンランド語で乾杯を意味する。「お菓子で皆を幸せに…」というキャッチフレーズが表すように、「仕事が終わって乾杯する時のように、ゆっくりとした時間の中でお菓子を食べて幸せな時間を過ごしてもらいたい」(店主の藤本桂さん)と名付けた。

 メイン商品の「カステラまんじゅう」は、これまでの白あん(55円)と粒あん(65円)に加え、安納芋あん(75円)やチーズ(85円)をそろえた。今後、季節によってイチゴあんやチョコレートなどを入れることも考えているという。新店オープンに当たり、各種洋菓子を新たに開発。果物を5種類ほど入れた「フルーツミックスゼリー」(450円)や、地元の長坂養蜂場の蜂蜜と引佐牛乳を使った「はちみつプリン」(350円)など、常時20種類程度を店頭に並べる。砂糖を使わずに蜂蜜を使い作った「はちみつプリン」は、熱を通すと蜂蜜の風味が飛んでしまうため、プリンの上に蜂蜜のジュレをのせるなど、工夫を凝らす。

 新型コロナウイルスの感染予防のために、スタッフは全員マスクを着用し、入り口には消毒を用意。出入り口は常に扉を開け、換気を行っている。店頭スペースが狭いため、外でも待てるよう、椅子を用意して来店客を迎える。

 「これまでの店舗は駐車場が無かったが、今回は駐車場を用意しているので車でも来店してもらえたら」と藤本さん。「うちのお菓子でいろいろな人に幸せな時間を過ごしてもらえたら」とも。

 営業時間は10時30分~18時。水曜、第3日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home