3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

浜松に喫茶店「コパン」-パンケーキにこだわり、30種の小麦粉独自配合

青い屋根が印象的な店舗外観

青い屋根が印象的な店舗外観

  • 0

  •  

 浜松・三組に1月17日、喫茶店「カフェ・ド・コパン」(浜松市中区三組、TEL 053-451-7107)がオープンした。

たくさんのイチゴやベリーがのった季節限定の「いちごのパンケーキ」

 席数は30席。アンティークな雰囲気にこだわった店内は吹き抜けでつながった5つのフロアに分かれる。フロアは段違いになっていてさまざまな種類の席を楽しむことができる。メーンスタッフの瀬戸かおるさんは「東京などで今、流行しているパンケーキのお店が浜松にはあまりないので、パンケーキにこだわった店があったらいいと思い姉弟でカフェを開いた」と話す。

[広告]

 メニューは9時からモーニングでトーストやスープの付いた「モーニングset」(650円)、11時30分からのランチは「パスタランチ」(1,280円)や「サンドウィッチランチ」(850円)などを用意する。14時からはスイーツタイムで、30種類以上の小麦粉で配合した自家製のパンケーキは「バターミルクパンケーキ」や「キャラメルバナナパンケーキ」、「チーズメルトパンケーキ」などのほかに季節のフルーツを使った季節限定のパンケーキも用意する。

 ドリンクは、アメリカのティーブランド「マイティーリーフ」を使った香り高い紅茶を用意。島根県の酒造で作られた甘酒を牛乳で割った「甘酒ラテ」(500円)なども。

 瀬戸さんは「パンケーキに合うようにと香りの高い茶葉の紅茶を選んだ。香りと味とを一緒に楽しんでほしい。パンケーキはこだわりを持って一枚一枚を丁寧に焼いていている。今後は(パンケーキの)種類を今以上に増やして行きたい」と話す。「アンティークな一軒家のカフェでのんびりとした時間をうっとりと過ごせるような場所にしたい」とも。

 営業時間は9時~19時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home