暮らす・働く

浜松中心市街で「ナイトブティック」イベント 23時まで営業、「普段と違う夜の雰囲気」創出

以前開催時の、参加者に赤いバラを配る様子

以前開催時の、参加者に赤いバラを配る様子

  •  
  •  

 浜松中心市街で3月24日、イベント「NIGHT BOUTIQUE(ナイトブティック)」が開催される。主催は田町東部繁栄会。

 2013年から浜松の肴町、田町などの地域を中心に過去4回不定期に開催してきた同イベント。「ブティック」には「小規模な店」という意味があることから、街中の小規模な専門店が協力し、普段店を閉めている時間帯に店を開けることで、いつもとは違った「夜の店の雰囲気」を楽しんでもらうイベントとして開催。地域の店から「また開催しよう」という声があり、2年ぶりの開催にこぎ着けた。

[広告]

 今回はゆりの木通りをメインに、事前公表しないが、服飾関係や書店、陶器店など小規模な店が約20店舗参加を予定している。当日は万年橋パークビルの「黒板とキッチン」を受付に、参加店のマップと1輪の赤いバラを配布する。前回は多くの人に参加してもらおうとスタンプラリーを用意したが、今回はイベントを純粋に楽しんでもらおうとあえてスタンプラリーを用意しないという。

 「普段と違うシチュエーションで店員とのコミュニケーションや新たな発見が生まれるのでは。参加店舗はあえて事前に公表せず、当日来てからどんな店があるのか知ることも楽しみの一つ」と会長の鈴木基生さん。参加店舗の中にはナイトブティック限定のイベントやセールを開催する店もあり、毎回若者から年配の人まで幅広い人がイベントに参加し、女性客が多いという。

  「当日は土曜日で多くの人が街を行き交っていると思う。バラを持っているととても目を引くが、おしゃれな格好で、いつもと違う夜の雰囲気の店を楽しんでほしい」と鈴木さん。「浜松の街中にはおしゃれなところが無いと言われることがあるが、そんなことはない。このイベントを通じてたくさんの店を知ってもらいたい。1軒でも街中に気に入ったおしゃれな店を見つけてもらえたら」とも。

 開催時間は19時30分~23時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加