浜松・鍛冶町に「オーストラリア」テーマのバー カクテルのテークアウト販売も

青空に雲が浮いたような演出をした「ブルースカイ」

青空に雲が浮いたような演出をした「ブルースカイ」

  •  

 浜松・鍛冶町にバー「BAR ULURU(浜松市中区鍛冶町、TEL 053-548-4591)」がオープンして1カ月がたった。

落ち着いた雰囲気の店内

 酒が好きで人と話すことも好きな店主のイ・ジョン・ミンさん。約2年前に来日し、約1年間バーで勤務。そろそろ自分で店を持ちたいと考えていた時、同所でスナックを経営していた知人が店を閉めるとの話があった。絶好のタイミングだと思ったイさん。自分の店を出そうと決意し、居抜き物件を整え、留学経験のあるオーストラリアをコンセプトにしたバーとしてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約8坪。カウンター6席、テーブル6席の計12席。黒壁でダウンライトや間接照明で大人の落ち着いた雰囲気を演出。店名はオーストラリアの地方「ウルル」から取り、店内には現地で撮った写真を飾る。イさんは歌うことが大好きなことから、カラオケも設置。カラオケ好きの客からは喜ばれているという。

 カシスやマリブ、パッソアなどの一般的リキュールなど約30種類をそろえる同店。中には、ハーブが50種類以上入っているドイツの「ヤガマイスター」という珍しいリキュールも用意。カクテル(600円~)をメインに提供し、青空に雲が浮いたような演出をした「ブルースカイ」は、ウオッカが入りアルコール度数は高いが、ブルーリキュールの酸味とピーチリキュールの甘みで爽やかで飲みやすいという。「カクテルは組み合わせで何百もできる」とイさん。来店時の客の状況や要望を聞き、客にあったカクテルを振る舞う。以前には「元気が出るようなカクテルが欲しい」という要望に対し、エナジードリンクの入った特別なカクテルを作ったところ、とても喜んでもらえたという。

 ほかにもオーストラリアをテーマにすることから、オーストラリアビールの「VB」(800円)を用意。少し苦味があるが、軽くて飲みやすいという。お通しにはカンガルーのビーフジャーキーを提供。今後はさらにオーストラリアを感じられるようなカクテルも開発していくという。

 「カクテル以外にもウイスキーや日本酒、焼酎などもそろえているので、幅広い年代の人に対応できる」とイさん。「少し繁華街から外れた場所にあるので、いろいろな方に利用してもらいたいという思いからカクテルのテークアウトもしている。他ではあまり無いサービスだと思うのでぜひ利用してもらえたら」とも。

 営業時間は19時~ラスト。