天気予報

26

21

みん経トピックス

浜松にホルモン居酒屋浜松にシフォンケーキ専門店

浜松・高丘北に祭り用品店 オーダーでオリジナルデザインの法被も

浜松・高丘北に祭り用品店 オーダーでオリジナルデザインの法被も

店主の石貝直也さん

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・高丘北に1月11日、祭り用品店「上まち」(浜松市中区高丘町、TEL 053-569-0501)がオープンした。

派手だけれど渋いデザインの鯉口シャツ

 約10年間、祭り用品店に勤めていた店主の石貝直也さん。祭り用品の道に入ったころから、いつかは自分の店を持ちたいと思いながらも踏み切れずにきたという。昨年結婚をし、奥さんの実家の1階が義母の経営するエステティック店の倉庫として使われていること知った石貝さん。開業するにあたりテナントを借りるのは経費がかかり大変だと思っていたことから、同所で開業できないかと考えた。同時期に、知人でも開業する人が増え、自分もこの機会に独立をしようと決意。実家の1階を改装し、オープンにこぎ着けた。

 店舗面積は約10坪。白を貴重とした落ち着いた雰囲気の店内に、カラフルな祭り用品が並ぶ。看板のデザインは石貝さん自身で行ったという。

 商品は法被や帯、股引(ももひき)、腹掛け、雪駄(せった)などの祭り用品。帯や鯉口シャツは派手だけれど渋い「ハデシブ」をコンセプトにカラフルでありながら彩度の低い落ち着いた雰囲気のものを取りそろえる。大人のサイズだけでなく、子ども用や幼児用のロンパースも用意。「浜松の人は白の鯉口シャツを着る割合が多いが、これからは柄物もののような派手なものもはやるはず。法被の内側に柄物をのぞかせる着こなしがかっこいい」と石貝さん。

 法被はオーダーすることができ、襟の文字や背中の文字「大紋」を石貝さん自身がデザイン。手描きでデザインを決め、専用のソフトでデータ化し整える。文字のデザインとして、初子の際に使う「木札」も製作。結婚式のウエルカムボード代わりに使った例もあるという。デザインだけでなく、帯を作ったり股引などの寸法直しなどもしたりすることができ、客のさまざまな要望に応える。

 石貝さんは「当店はただの派手なものではないところが売り。私自身がデザインできるので、他と違うものが欲しい人の要望に応えることができる。渋くて派手に決めたい人にぜひ来てもらいたい」と話す。

 営業時間は9時~10時。水曜、第3木曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

浜松・鍛冶町に肉と魚メインの居酒屋 魚を桶にのせて料理選ぶ演出も。写真=提灯を吊るすなど雰囲気作りにこだわる和風の店内
[拡大写真]

アクセスランキング