食べる

浜松のソースメーカー、「今年最良のソース」を発売-限定100本

「The Sauce 2011」に期待を寄せる社長の鳥居大資さん

「The Sauce 2011」に期待を寄せる社長の鳥居大資さん

  •  
  •  

 浜松の老舗ソースメーカー「鳥居食品」(浜松市中区相生、TEL 053-461-1575)が12月22日、その年に自社開発できる最良のソース「The Sauce 2011」を100本限定で発売した。

限定100本で販売されるこだわりのソース「The Sauce 2011」

 以前から「採算を考えず自社でできる究極のソースを作ってみたい」という社長の鳥居大資さんが発案。3月から材料の選定を行い7月に仕込みを行い今回完成した。

[広告]

 コンセプトは「砂糖を使わず野菜くだものの甘みでつくるソース」。材料には一部の市場でしか流通しない高糖度の「アメーラトマト」(静岡県産と長野県産)や、通常の2倍の糖度の「雪下にんじん」(岐阜県産)、「黒にんにく」(青森県産)などを使うことで砂糖を使わずに糖度を上げている。そのほかにも厳選した食材を数多く使っている。

 「本来ソースは野菜の煮汁で作られるものだが、現在のソースは多くの砂糖が使われている。調味料の濃い味にならされてしまっているが、ソースは食材の味を引き立てる役目のもの。主役の食材を生かすということに特化しおいしいものを作りたかった」と鳥居さんは話す。

 仕込んだソースは一斗かめで寝かして熟成。かめで寝かす都合から、ソースは100本のみの販売となった。2012年はまた別のテーマでその年の究極のソースを作るという。

 来年に向けて、鳥居さんは「現在のソースは先代からのレシピで作っているが、個人的にはソースに対する素朴な疑問やソースへの思いを一つずつ絞って作りたいと思っていた。このソースは、今年の集大成として思いを形にした作品。来年もまた違った角度からソース造りに取り組み、究極のソースを追求したい」と意気込む。

 価格は4,000円(750ミリリットル)。同社オンラインショップのみで扱う。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019