天気予報

36

25

みん経トピックス

商店街で震災復興イベント浜松に食パン専門店

浜松・元城町にフランス料理店 シェフのお薦めコースメインに提供

浜松・元城町にフランス料理店 シェフのお薦めコースメインに提供

黒壁のシックでエレガントな店内

写真を拡大 地図を拡大

 浜松・元城町に7月28日、フランス料理店「Ma Maison Ishigro(マ・メゾン・イシグロ)」(浜松市中区元城町、TEL 070-1188-0141)がオープンした。

 店主の石黒智康さんは東京での15年の修業を経て、袋井市で4年間フランス料理店を営んでいた。袋井の店では駅から遠いためワインを楽しみながら料理を食べる客も少なかった。店の規模も大きかったため、自らの目指す接客の行き届いた料理店としては経営できないと考えた石黒さん。求める客層と目標としている接客ができる店を探し、駅からも遠くなく落ち着いた雰囲気の同所を見つけたため、オープンにこぎ着けた。

 店舗面積は約15坪。カウンター席4席、テーブル席8席の計12席。全面黒く塗った壁が照明をうまく反射するシックな雰囲気の店内。アンティーク家具やシャンデリアなど、エレガントさも演出。カウンターだけでなく、テーブル席もオープンキッチンに接しており、店主の説明を受けながら料理を楽しむことができる。カウンターとテーブル席のほかに、食後酒を楽しむためのソファ席も用意されている。

 18時~21時のメニューは「おまかせコース」(6,000円)のみ。食材を厳選し、より高いクオリティーの料理を提供するために1つのコースに絞っている。地元の食材をふんだんに使った料理を提供し、仕入れによってはフランスから輸入した牛肉を使った料理を振る舞うこともある。日本の牛肉とは脂の質が違い、赤身がしっかりしている牛肉をステーキにし、赤ワインを煮詰めた、フランスの伝統的なソースで味付け提供。予約をすれば、予算に合わせてより上質な素材を使ったコース料理を用意する。

 予算や好み、アレルギーなどを細かく聞き取り素材を調達、客にあった料理を振る舞う同店。21時以降は、おまかせコース以外にも来店客の希望を聞きながらアラカルトを提供する。「自家製豚肩ローススモークハム」や「鶏レバーペースト」、「パテ・ド・カンパーニュ」などを用意。その日の仕入れにより客の要望を伺いながら、「夏鹿もも肉のロースト 赤ワインソース」や「鯒(こち)のムニエル 焦がしバターソース」などの肉や魚のアラカルトも提供する。

 「グラスワイン」(800円~)は赤・白それぞれ2種類を用意。ボトルワインはフランス産のものだけを10種類用意し、中でもブルゴーニュ産のワインを多くそろえる。「ブルゴーニュ産のワインはほかのものとは格が違い、開けた瞬間華やかな香りがし、ワインへの期待感が高い」と石黒さん。

 「浜松に来て思った通りの客層の方が来てくれて、大変うれしい」と開店数日を振り返る石黒さん。「駅も遠くない立地なので、ワインを楽しみながら食事をしてもらえる理想の店ができた。フランス料理やワインが好きな方にぜひ来ていただきたい」と話す。

 営業時間は18時~0時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング