食べる

浜松・伝馬町に串カツ店 浜松ギョーザの串カツやチーズタッカルビも

揚げ方やパン粉にこだわり、しつこくならないように工夫した串カツ

揚げ方やパン粉にこだわり、しつこくならないように工夫した串カツ

  •  

 浜松・伝馬町に5月25日、居酒屋「串KATSU&チーズ TA.MORI」(浜松市中区伝馬町、TEL 053-454-0811)がオープンした。

串かつ店とは思えないおしゃれな雰囲気の店内

 焼き鳥店を系列店に持つ同店。数年前から業態を変えて2店舗目を出店したいと考えていた。焼き鳥のような「定期的に食べたくなる」ポピュラーなジャンルで、アレンジのきく分野「串カツ」と昨年はやった「チーズ」の2本柱で新店舗の出店を決意。店長の阿部和真さんが大阪の串カツ屋を食べ歩き、研究を重ね、オープンにこぎつけた。

[広告]

 店舗面積は約25坪。席数はテーブル席40席。白を貴重に木張りの床や白いいすなど、串カツ店とは思えないおしゃれな雰囲気。「二次会でも使ってもらえるような店作り」に気を配り、和の雰囲気にならないようなデザインにしたという。店舗正面はガラス張りにし、開放感のある空間に仕上げた。

 大阪の串カツをイメージした串カツを約25種類用意。「串カツ牛」や「串カツ豚」(230円)、変わり種の「浜松ギョーザ」(160円)や「バナナ」(200円)なども取りそろえる。串カツは揚げ方やオリジナルパン粉を使うなど、しつこさが出ないように作る。「パン粉はきめ細かく作り、できるだけ重くならないようにしている。普通の串カツよりも、思ったよりも本数を食べられると思う」と阿部さん。

 チーズメニューには「チーズフォンデュ」(880円)や、チーズとマッチする鶏肉を使った「チーズタッカルビ」(850円)などを用意。ソーセージやポテトなどにトロトロのチーズをかけて食べる「ラクレットチーズ」(880円)には食べやすく濃厚な味のする「花畑牧場」のチーズを使う。チーズの焼き加減は客の要望を聞いて変化をつけるという。

 阿部さんは「串カツとチーズの組み合わせは珍しいと思う。客の要望を聞きながら、新しいメニューも開発していけたら」と話す。

 営業時間は17時~24時。日曜定休。