食べる

浜松・上島にカフェ 実家を昔ながらの喫茶イメージで改装

自宅をリノベーションし、イギリスのビンテージ家具をそろえ、木のぬくもりのある店内

自宅をリノベーションし、イギリスのビンテージ家具をそろえ、木のぬくもりのある店内

  •  

 カフェ「Merci(メルシー)(浜松市中区上島町)」が9月15日、浜松・上島にオープンした。

昔懐かしい味付けの「ナポリタン」

 ケーキ店やパン店などの飲食業界で約20年働いてきた店主の村上貴子さん。いつかは自分の店を持ちたいと考えていた。パンもケーキも好きで、家具や食器にもこだわりを持つ村上さん。カフェという業態であれば自分の好きなことが全てが実現できると思っていた。10年以上前に退職していた父もカフェ経営に興味があったことから、2人でカフェを始めようと計画。当時闘病中だった父は実現する前に他界してしまったが、実家をリノベーションして準備を進め、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約15坪。カウンター2席、テーブル12席の14席。リノベーションの際、ドアや柱などはそのままに、木の床に張替えた。イギリスのビンテージ家具をそろえ、照明も1つ1つ違うデザインで、インテリアにこだわる。木のぬくもりと温かみのあるライティングで落ち着いた空間を演出する。

 フードメニューは3種類を用意。10種類のスパイスをブレンドしたインド風チキンカレー「スパイシーカレー」(900円)は、風味が良くなるように自らスパイスをミキサーにかける。「ナポリタン」(800円)はケチャップにホールトマトを入れ、少量のしょうゆを足し、昔懐かしい味付けに仕上げる。ナスやパプリカ、シメジ、季節の野菜など具だくさんのナポリタンで、周りにタマゴを流し入れる形で鉄板にのせアツアツの状態で提供する。さらに日替わりの「本日のメルシーセット」(1,200円)も用意。「レモンとローズマリーのチキンソテー」や「キッシュ・ロレーヌ」、「ラタトゥイユ」、「エリンギのフライ」など約7種類の品目をワンプレートにのせて提供。自家製の「レーズン酵母のカンパーニュ」も付く。「いろいろと少しずつ食べられ、写真映えもすると女性から人気がある」と村上さん。彩りが良くなるように野菜メニューの品目を増やしているという。

 ドリンクの「ホットコーヒー」(350円)はエチオピアの豆をネルドリップ。甘さ控えめで硬めに仕上げた自家製の「プリン」(300円)や「チョコレートケーキ」、「紅玉のタルト」(450円)などのデザートメニューもそろえる。

 村上さんは「当店は昔ながらの喫茶店。定番メニューを大切にしながら、皆さんに愛される店にしていきたい。落ち着いた雰囲気なので、1人でも気軽に立ち寄ってもらいたい。家族や友人を誘っても来てもらえたら」と話す。

 営業時間は8時~18時。日曜・月曜・火曜定休。