新東名・浜松新拠点で演奏するアマチュアミュージシャン募集

コンサート時はガラス戸を開いてオープンスペースになるミュージック・スポット

コンサート時はガラス戸を開いてオープンスペースになるミュージック・スポット

  •  
  •  

 ヤマハ(中区中沢)などは現在、新東名高速道路の浜松サービスエリア(浜松市浜北区大平)上り線で運営する展示施設「ミュージック・スポット」で演奏するアマチュアミュージシャンを募集している。

 同施設は今年4月の同道開通に合わせてオープン。ヤマハや浜松市文化振興財団など4社が共同で運営する。浜松の「音楽の歴史」が分かるパネル設置のほか、矢野顕子さんや清水ミチコさんなどのライブ映像を流しながらピアノの自動演奏によるバーチャルコンサートを行っている。

[広告]

 施設にはステージも用意し、これまでプロの演奏家によるコンサートなどを行ってきたが、一般のアマチュアミュージシャンを募るのは初めて。参加資格は静岡県在住で個人または5人までのグループとし、アコースティックを主体とした4曲以上が演奏できることなど。「場所柄、静岡県外からの来場が多いが、一般道に接続する駐車場があるため、地元の方にも来てもらいたいと思い、応募資格を限定して企画した」とヤマハ広報部の木村智子さん。

 出演予定は2013年1月~3月の土曜・日曜。出演・入場共に無料。全60組まで出演できる。募集は12月21日まで。詳細や申し込み方法はホームページで確認できる。問い合わせはヤマハビジネスサポート内「ミュージックスポット アンサンブルステージ事務局」(TEL 053-462-3671)まで。

  • はてなブックマークに追加