食べる

浜松・千歳町に串かつ店 10年前の居酒屋を復活、昭和感ある雰囲気に

パン粉は薄く細かいものを使い、サクサクと何本でも食べられるように工夫した串かつ

パン粉は薄く細かいものを使い、サクサクと何本でも食べられるように工夫した串かつ

  •  
  •  

 浜松・千歳町に7月5日、串かつ店「串カツ 鈴の助(浜松市中区千歳町、TEL 053-451-6655)がオープンした。

店舗外観

 浜松を中心に「民民」などの居酒屋を展開する「パーフェクトグループ」が運営する同店。約10年前まで「鈴の助」という名前で居酒屋を運営していた。今年新しく街中に居酒屋を出店するに当たり、「レトロな雰囲気の大衆居酒屋」をコンセプトに、以前の屋号を復活。駅から近くアクセスの良い同所で、気軽に来店できる串かつ店としてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約21坪。カウンター17席、テーブル32席の計49席。使い古されたテーブルやコンクリート打ちっぱなしの床、壁にはレトロなポスターを貼り、昭和感のあるレトロな雰囲気の店内。店舗の約半分は道路に面したテラスのテーブル席で、気軽に入店できるよう工夫する。

 メニューは「串カツ(豚)」や「牛カツ」、「つくね」(以上150円)、「いか」、「チーズ」(以上200円)など44種類の串カツを用意。重くならないように、パン粉は薄く細かいものを使い、サクサクと何本でも食べられるように工夫する。パンにパン粉を付けた「パン」や「紅しょうが」(以上120円)、「煮たまご」(150円)なども人気があるという。串カツをチーズにつけて食べる「チーズフォンデュ」(690円)も用意。最後にご飯を入れてチーズリゾットにして食べる人もいるという。

 「たこ焼き」はたこ焼き器を用意し、テーブル上で自ら焼いて楽しむことができる。「餅焼き」や「チーズ焼き」(以上、9個=590円)などのバリエーションも提供する。じっくり煮込み、味がしっかりとした「土手煮」(390円)や「肉うどん」(690円)なども用意する。

 「駅から近く、千歳町や有楽街に抜けるにはこの道を通る人が多い。一軒目の居酒屋としてや、ふらっと立ち寄ってもらえたらうれしい」と営業本部長の鬼頭靖徳(やすのり)さん。「これからは期間限定の串かつも考えていきたい」とも。

 営業時間は、月曜~金曜=17時~翌3時、土曜=16時~翌3時、日曜=16時~24時。

  • はてなブックマークに追加