食べる

浜松・田町にフレンチレストラン 本格フレンチをリーズナブルに

旅をテーマに、アンティーク小物を飾る店内

旅をテーマに、アンティーク小物を飾る店内

  •  

 浜松・田町にレストラン「キャトルセゾン浜松(浜松市中区田町、TEL 053-413-0880)」がオープンして1カ月がたった。

金目鯛の白ワイン蒸し

 結婚式のできるレストランとして営業する同店。フランス語で「四季」を意味する「Quatre Saisons(キャトルセゾン)」を店名に、宿泊もできる郊外型のフレンチレストランとして約28年、「キャトルセゾン浜名湖」を運営してきた。近年、派手に結婚式を挙げるのではなく、少しおしゃれな場所で挙げる「カジュアルで品のある結婚式」の需要が高まっていることから、浜松でもレストランウェディングを広めたいと考えていた。江戸時代には秋葉街道の入り口として鳥居があり、「始まりの場所」として縁起の良い同所で、ウェディングのできるフレンチレストランとしてオープンにこぎ着けた。

[広告]

 館内はネイビーブルーとブラウンを基調に上質な空間を演出する。レストランには58席を用意し、旅をテーマに地球儀や手帳、船の置物などのアンティーク小物を飾る。レストランだけでなく、大人の社交場をイメージしたラウンジスペース、式を挙げるチャペル、約120人収容可能な披露宴会場、ステージを備えライブも可能なシアターを備える。シアターには150インチのスクリーンも備え、セミナーなどにも使うことができる。

 ランチは1,500円と、2,500円、3,800円、5,000円の4種類のコースを用意。メインディッシュは「舞阪港で水揚げされた鮮魚のお料理」と「シェフ厳選 おすすめのお肉料理」から選ぶことができる。ディナーには5,000円と7,000円のフルコースを用意し、ランチ・ディナーいずれも「四季」をテーマに地域の旬の食材を使った創作フレンチを提供する。コースの中には香りや刺激によって、五感に働きかけるようなメニューも用意。ディナーには「伊達ハーブ鳥のロール」(1,800円)や「萬幻豚のドライエイジング」(2,200円)、「静岡そだちのグリエ」(3,700円)「金目鯛の白ワイン蒸し」(1,900円)などのアラカルトメニューも約25種類そろえる。中には「よねむらカレー」(900円)のような京都祇園のミシュラン1つ星のレストラン「よねむら」が監修したメニューも用意し、婚礼料理の中で提供すると、男性客から喜ばれるという(以上、税別)。

 「オープンして2週間は好評で全日満席だった。今までに浜松になかった雰囲気の店と喜んでくれる客も多い」とシェフの千住(せんじゅ)悦也さん。「フレンチは格調高いと若者には敬遠されがちだが、リーズナブルに提供しているので、結婚式世代の人たちにも気合の入ったデートなどに利用してもらえたら」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時30分~20時30分(ラストオーダー)。