食べる

浜松にそばとうどんの専門店-旬のそば粉や小麦を全国から取り寄せ提供

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 浜松・豊西に8月1日、そばとうどん店「旬蕎麦・うどん にはち」(浜松市東区豊西、TEL 053-434-8186)がオープンした。

木の風合いを生かした、開放感のある店内

 店舗面積は約50坪。席数はカウンター4席とテーブル24席、座敷24席の計52席。多くの住宅に関する賞を受賞している岡山県倉敷市の建設会社に設計を依頼し建てられた同店。松の梁(はり)やひのきの柱など、木の質感を生かした店内になっており、広くとられた窓やシックな床面などがモダン古民家の空間を演出する。

[広告]

 店名の「にはち」は、そばを打つ際に小麦とそば粉をを2対8にした「二八そば」から取った。「江戸前のそばのスタンダードである二八そばを提供したかった。二八そばに合う辛めのつゆも用意した」とオーナーの近部忠義さん。

 そばは、季節ごとに最も旬の地域のそば粉を全国から取り寄せ、かつ最も相性の良い小麦を使用するという。うどんの小麦は国産小麦のみを使用。「現在うどん店で使われている小麦の大半はオーストラリア産。風味や味わいをより楽しめる国産小麦を選んだ」と近部さん。北海道産の利子昆布や、鹿児島県枕崎産のかつお節など、だしに使う素材にもこだわる。

 メニューはさくらえび、鶏肉、えびの天ぷらから選べる「天ぷらセット」や「えび天おろし」(各そば=1,180円、うどん=980円)、かけつゆのダシで炊いた「炊き込みごはん」(250円)など。打ち立てのそばを食べてほしいという思いから、開店直前に出来上がるようにそば打ちを行う。

 「今日も来て良かったとお客さんに言われるような店になれれば」と近部さん。「味はもちろん、店の雰囲気や接客で地域の人たちをもてなせれば」とも。

 営業時間は11~14時30分。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加