食べる

浜松・千歳町に薫製肉料理のダイニング 長時間低温調理のテキサスBBQスタイルで

低温でゆっくりと燻製する「テキサスバーベキュー」をメインに提供

低温でゆっくりと燻製する「テキサスバーベキュー」をメインに提供

  •  

 ダイニング「THE SMOKE CLUB(ザ・スモーククラブ)」(浜松市中区千歳町、TEL 090-6599-7272)が11月25日、浜松・千歳町にオープンした。

アンティークな家具や雑貨で落ち着いた雰囲気の店内

 アメリカンカルチャーが好きでアメリカへの憧れをもっていた店主の平田匡人(まさと)さん。1970~80年代のアメリカをイメージしたダイニングバーで約7年経験を積み、いつかは独立したいと考えていた。中でも低温でゆっくりと薫製する「テキサスバーベキュー」を、さまざまな世代の人に広めようと、駅に近く昼間でも人通りのある同所で出店を決意。オールドアメリカンをイメージしたこだわりの店舗で、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 店舗面積は約27坪。カウンター6席、テーブル30席。アンティークな家具や雑貨で落ち着いた雰囲気の店内。1階はダークグリーンの壁紙を使い、2階はえんじ色の壁紙とバーカウンターを用意し、雰囲気の違いを出す。壁にテキサスバーベキューの写真を額装して飾り、バーベキュー用のまきやアンティーク小物を並べるなど雰囲気作りにもこだわる。

 メニューは「テキサスバーベキュースタイル ポークスペアリブ」(ハーフ=1,890円)や「ポークベリー・バーント・エンズ ミートキャンディー」(780円)、「テキサスバーベキュースタイル ローストビーフ」(980円)など薫製の肉料理を中心にそろえる。乾燥調味料で味付けし、リンゴのまきを使って長時間低温でスモーク。これにより歯切れがよく柔らかく仕上がり、薫製の香りもよいという。肉の大きさや部位によって薫製時間を調節。長いもので12時間スモークするものもあり、一番おいしくなるポイントを見極めて調理する。「オリジナルスモークチキン」(680円)や「オリジナルスモークソーセージ」(780円)も提供。5種類のスモークメニューの中から好きな料理を選び、サイドメニューと組み合わせ、ワンプレートに盛り合わせた「コンボメニュー」(2,900円~)も用意する。

 サイドメニューにはマッシュポテトやマカロニ&チーズ、コーンブレッドなどがあり、肉をパンにのせて食べることもできる。ほかにも、甘辛いソースを使った「キラーハニービー・バッファローウィング」(ハーフ=680円)や、魚をしょうゆやオイルに漬け込んだ「ハワイアンスタイル オリジナルポキ」(680円)などもそろえる(価格は全て税別)。

 「店内の壁に『Don't worry about your dirty time(汚してもいいですよ)』と書いている。手袋を用意しているので手づかみで豪快に食べてもらいたい。アメリカに来た気分で、格好つけず、楽しく食べて飲んでいってもらえたら」と平田さん。「肉は焼いて食べるだけでなく、手間暇かけて作る薫製の肉の魅力を知ってもらいたい。テキサスバーベキューをさまざまな人に知ってもらいたいので、今後はランチ営業もしていけたら」とも。

 営業時間は17時~24時。